>

> 【ラブライブ】『スクフェスAC』と『スクフェス』の違い!

【ラブライブ】『スクフェスAC』と『スクフェス』の違い!(22:34)

3 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 5 15点(3)(15点)
このエントリーをはてなブックマークに追加
先日行われた「スクフェス感謝祭2016-OSAKA-」にて
本格稼働日が発表されたスクフェスAC。
皆さん、スクフェスACの情報をきちんと把握してますか?
ちらっとスクフェスACの公式サイトを覗いたら色々と情報が更新されていました。
稼働店舗、遊び方などなど。
全部まとめようとなると何回か分けないと書ききれないので、
本日はずばり『スクフェスAC』と『スクフェス』の違いについて説明します。



オススメ記事♪


スクフェスACとは?



今さら説明しないでも分かるとは思いますが、簡単に説明します。
ios/android共に好評配信中のアプリ『スクールアイドルフェスティバル』
をゲームセンターで同じようにシャンシャンできる、
というアーケードゲームになります。

アプリ版との違い
・楽曲譜面がアーケードオリジナル
・綺麗な3Dグラフィックでμ’sのダンスを楽しめる
・アーケード版描き下ろしイラストカードが手に入る
・3人協力プレイが可能

やはり目玉は、3Dグラフィックですね。
推しがアーケードの大きな画面で踊ってくれるということに
ワクワクしない人がいるのでしょうか。いや、いるはずがない!
協力プレイも気になるところです。
それぞれ推しを選んで、オリジナルユニットを作りプレイできたら楽しそうですよね。


16111401.jpg

スクフェスACの基本操作



アプリだとスマホの画面をタッチするだけの簡単操作ですが、
アーケードだとどうなるのでしょうか。
9つのリズムボタンをリズムに合わせて押す、と。
アプリ版スクフェスとほとんど変わらないようで安心しました。
ボタンの幅や大きさは実物を見ないと分かりませんが、そこまで難しくはなさそうです。

あとは譜面次第ですね。
スマホとアーケードだと大きさがまったく違うので、
アーケードだと素早い動きが出来なさそうのがネックです。
目と頭は追いつくのに体が追いつかない、とかあり得そうで怖いです。
スマホと同じ感覚で挑むと返り討ちにあいそう。


16111402.jpg

カード



カードを使用するのはアーケードならではという感じがしてテンションが上がります。

・メンバーカード
メンバーカードを入手すると、そこに描かれている衣装でライブを行えるようです。
目当ての衣装を出るまで連コインする未来が見えます。
また、新たなメンバーカードを手に入れることで、楽曲が増加されるとのこと。

・スキルカード
スキルカードをセットすることでライブをサポートしてくれます。
アシストスキル・カメラスキル・ステージスキルの3つがあります。

・プロフィールカード
自分のプレイデータを記録するために必要なカード。
協力プレイもこれがないとプレイできない模様。

・NESiCA
スクフェスACを遊ぶためにはこのカードが必須みたいです。
スクフェスACのありとあらゆるデータを保存するカードなので、
持っていない人は遊ぶ前にゲームセンターで発行しておきましょう。


メンバーガチャ



アーケードでも逃れることができないガチャ。
1プレイで1回回せるとかなのでしょうか。
詳しくは分かりませんが、ガチャをしないとメンバーカードやスキルカードが手に入りません。
回しましょう。

駆け足でスクフェスACについてまとめてみました。
基本は変わらないものの、やはりアプリとアーケードでは違いが幾つかありますね。
メンバーカードやスキルカードを印刷するのにはたぶんお金がかかると思うので、
100円玉がたくさん必要だと思います。

スクフェスAC貯金始めます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ記事♪

▼最新の景品がザックザク♪面白すぎてヤミツキ間違いなし☆彡▼
▲近くにゲームセンターが無くてもノープロブレム♪▲
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
15点(3)
Loading...Loading...

カテゴリ「スクフェスAC」の最新記事

カテゴリ「ラブライブ!スクフェス」の最新記事

この記事のコメント(29 件)

  1. 名無しのラブライバー より:

    早くやりたい! ロスしてたμ's成分を堪能したいぜ! 偶然近くに稼働するゲーセンがあって嬉しすぎる スクフェスフルCGも期待してるし、まだまだラブライブ!を楽しめるのが嬉しい μ's本当大好きだ

  2. 名無しのラブライバー より:

    ポップンミュージックみたいな感じか

  3. 名無しのラブライバー より:

    わりと導入箇所多くて助かった。空いてたらやってみようかな?

    • 名無しのラブライバー より:

      イナカには導入されないんだよ

  4. 名無し主義のラブライバー より:

    基本データがそこまで膨大な物とも思えないからプロフィールカードに記録する情報はNESiCAに収めて欲しかったな プレイ感覚に関してはアプリの時から端末を手に持つスタイルと机や膝に乗せるスタイルで変わって来るし慣れるしかないね

  5. 匿名 より:

    > ワクワクしない人がいるのでしょうか。いや、いるはずがない! 当然のようにディスってて草

    • 名無しのラブライバー より:

      この文章のどこがディスってるようにみえるのかさっぱりわからん。

    • 匿名 より:

      ネット用語ばかり使えてまともな日本語使えないのかよお前は

      • 名無しのラブライバー より:

        ウケるか滑るかの判断も出来んようなら金輪際、人前で目立とうなんて思ったらいかんよ。ド素人が、

    • 名無しのラブライバー より:

      お前はこんなとこにいるより国語の勉強した方がいいよなぁ

    • 名無しのラブライバー より:

      ワクワクしない人がいないんだから肯定だろちゃんと読め

    • 名無しのラブライバー より:

      ウケるか滑るかの判断も出来んようなら金輪際、人前で目立とうなんて思ったらいかんよ、ド素人が。

  6. 名無しのラブライバー より:

    ボタンのストロークや押下感がかなり重要なんだけどどこ製のスイッチなんだろ 結局待機列長すぎて体験プレイはできなかったんだよなあ

  7. ryo より:

    僕は新田恵海さんの乳首にぶっかける妄想でよく抜いてますけどね、黒と白のコントラストが素晴らしいですしすごく興奮して大量のザーメンが出てしまいます

  8. 匿名 より:

    こういう親切な記事は地味に助かってる

    • 名無しのラブライバー より:

      ウケるか滑るかの判断も出来んようなら金輪際、人前で目立とうなんて思ったらいかんよ。ド素人が

      • 名無しのラブライバー より:

        コメする相手間違えてね?

  9. ryo より:

    こう言うのもデータカードダスって言うのかね?であれば地元のスーパーとかの隅っこにでも置いてくれないかね、したらばスクフェスおじさんとしてデビューできるやん?

    • 匿名 より:

      データカードダスはバンダイのものなのでこれは違う

      • 名無しのラブライバー より:

        ウケるか滑るかの判断も出来んようなら金輪際、人前で目立とうなんて思ったらいかんよ。ド素人が。

    • 名無しのラブライバー より:

      池沼

  10. 名無しのラブライバー より:

    今から人気が出るのがスクフェスAC。今から衰退していくのがスクフェス

    • ryo より:

      スクフェスと連動してるし携帯ゲームとしてプレイ出来るんだからそれは安直な考えなんじゃね?

      • 名無しのラブライバー より:

        申し訳ないんですけど、意味のある返信をして頂かないと理解に苦しみますわ。もう少し分かりやすく価値のあるコメントをお願いします。

        • ryo より:

          そんなに難しかったですかね。掻い摘んで説明しますとスクフェスACとスクフェスは連動しているので両方一緒に楽しめるし携帯ゲームとしていつでもどこでもプレイ出来るのだからスクフェスはまだ需要があるよって意味ですね。スクフェスの需要性を示したコメントなのでそこまで価値がないものでもないとおもうのですがね?むずかしすぎましたかね。

          • 名無しのラブライバー より:

            うーん、わかんない!w

          • 名無しのラブライバー より:

            そんなにまで読んだ。長い。

      • 名無しのラブライバー より:

        簡単に言えば スクフェスのデータがACで使え、 ACのデータがスクフェスで使えるって事だ。

  11. 名無しのラブライバー より:

    分かりやすくて助かる

コメントする

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加