>

> 【劇場版ラブライブ】映画での号泣ポイント!ここは涙なしでは見れない!

【劇場版ラブライブ】映画での号泣ポイント!ここは涙なしでは見れない!(23:00)

1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5点(1)(5点)
このエントリーをはてなブックマークに追加
としあき : 15/08/09(日)00:32:00
号泣ポイントは
花畑の穂乃果さんと
SDS終盤のみんなホントに
楽しそうなところ

オススメ記事♪

としあき : 15/08/09(日)00:35:08
>号泣ポイントは
ほないくよー
からの
ラブライブ!

あそこは本当にやばい
涙なしでは見れない


としあき : 15/08/09(日)00:48:42
>涙なしでは見れない

その後のBGMと
ゆきありの描写で
元μ’sが完全に音乃木を
卒業してしまったと
実感するあたりも…


としあき : 15/08/09(日)00:50:59
>元μ’sが完全に
元μ’sが居なくても
音乃木坂はもう大丈夫
ってのがいいところやん?


としあき : 15/08/09(日)00:55:30
>元μ’sが居なくても
学校を廃校から救って…
そして今年もラブライブの
ドーム開催が決定しました
っていうくだりが
μ’sの残した形跡というか
そういうのがひしひしと
感じられて泣けるよね





SDSはホントに涙腺を
刺激させられる……




このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ記事♪

▼最新の景品がザックザク♪面白すぎてヤミツキ間違いなし☆彡▼
▲近くにゲームセンターが無くてもノープロブレム♪▲
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
5点(1)
Loading...Loading...

カテゴリ「ネタ・雑談」の最新記事

カテゴリ「映画」の最新記事

この記事のコメント(55 件)

  1. 匿名 より:

    僕光は別として、穂乃果が花びらを見つけて走り出すところが一番好き 短いシーンだけど1期1話(ススメ)から始まってSDSまでの物語がつまってると思う

    • 匿名 より:

      俺も初回でここで感動したわ、サントラ聞くたびシーンを思い出してグッとくるわ

      • 匿名 より:

        穂乃果が道を走ってたどりついた先では、集まったスクールアイドルたちによって新たな道が作られていた。そこからのSDS穂乃果ソロ・・・もうここで視界がにじむから、まともに僕光見れないw

  2. 名無し主義のラブライバー より:

    今日初めて映画見に行ったのに泣けなかった俺はラブライバー失格かな? 感動はしたけど

    • 匿名 より:

      初回は話し追うのに精一杯で俺も泣かなかったなぁ ただただうあああって感じだった 三回目がヤバかった

      • 名無し主義のラブライバー より:

        ホンマそう。 仕事忙しくて丸1ヶ月観てないから 今見たら崩れてしまいそぅ。

    • 匿名 より:

      いろいろ咀嚼した上で観ると、泣けるかもしれない 俺は初回から泣いてるけど、初期と後期で泣くポイントがまったく違う よく言われるSDSや僕光で泣けるようになったのは、たぶん4回目くらいからだと思う

  3. 匿名 より:

    最終的に、?←HEARTBEATが最も泣けるポイントになった μ's結成前のにこや、音ノ木に入る前の希をイメージしながら聴くとめっちゃ泣ける のぞにこが手を繋いでエレベーターから飛び出すところなんか、もう堪えられない

    • 名無し主義のラブライバー より:

      なるほど、そういう見方があるのか また映画館行かなきゃ

  4. 名無し主義のラブライバー より:

    初回は見てる最中は緊張で全く泣かなかったけど、帰って布団に入って内容思い返したら号泣してたわ

  5. 匿名 より:

    見れば見るほど涙腺が緩くなるよw やっぱり「僕光」の 今が最高♪→タイトルロゴ→間奏→練習着 のところだな~。

  6. 名無し主義のラブライバー より:

    どれも共感できないなぁ 泣けよと強制されてる感じが嫌だ

    • 名無し主義のラブライバー より:

      そりゃそんなこと感じながら見てればなぁ…

    • 匿名 より:

      その感想は理解できる 実際俺も初回は、いわゆる感動ポイントでほぼ泣かなかったし、たぶん強制されてる感があったんだと思う でも、いろいろ自分なりに考えて物語の行間をイメージしながら観ると、素直に泣けるようになったよ

  7. 名無し主義のラブライバー より:

    初回の前は、どうせ号泣することになるんだろうなぁと思ってたけど、確かに話追うので忙しかった感あったな しかし回を重ねる度に泣きそうになることも増えた

  8. 名無し主義のラブライバー より:

    俺も初回は泣かなかったな…9時間ラブライブカラオケの後で限界来てたのもあったが 2回目からは冒頭から穂乃果ちゃんってこう言う娘だよなぁと思って泣いたわw

  9. 名無し主義のラブライバー より:

    初回は、泣く映画だとか全く思わないで見に行ったなあ。 実際見て、前半のスピードに唖然、後半ええもしかして これ完全終了!?とか気がつき始めて、sdsの途中で これまでのシリーズ思い出して滲んできて、でも僕光で 意外と大丈夫(初回は唖然としすぎてピンときてなかった) だった。以後20数回に至るまではもう毎回どこかで・・・

    • 匿名 より:

      俺もうわ!名前入ってる!!!終わりなの?と思ったくらいで実感なかったなー 家に帰って詩を読んだり耳コピ聴いたときの方がヤバかったから、初回は家に帰ってからが本番だったかも

  10. 匿名 より:

    終わりを感じると泣ける。

  11. 匿名 より:

    劇場版ラブライブの何が凄いのかというと、 人死・消滅・作中に皆が号泣してもらい泣き、といった あからさまに泣かせるための演出があるわけでもなく、 μ'sの皆が最後まで楽しく歌い踊る様を見て泣けることだよね これは5年間の積み重ねがあるからこその集大成なんだと思う

  12. 名無し主義のラブライバー より:

    確かに、劇場版でアニメ世界線のμ'sはおわったけど、これからもμ'sは続くからな? 何かまだ完全終了言い続けてる奴らがいるけど、電撃G'sマガジン見てもいないのに言うのは間違ってる。

  13. 名無し主義のラブライバー より:

    涙腺の強さなんて人それぞれだし、 泣けなきゃ死ぬわけじゃないんだから別に良いだろ

  14. 名無し主義のラブライバー より:

    某耳コピ、翌日くらいに出てたっけ?俺も世話になったなー 今も本気でヤバイ一瞬は、やっぱり僕光最後のジャンプの 一瞬のあのスローの動き→ロゴだけはガマンムリw SDSジャンプの後の俯瞰の瞬間なんかもきつい なんかジャンプに弱いみたいだw

  15. 匿名 より:

    泣けないのはラブライバーじゃないみたいな泣く事への義務感を感じる必要はない

  16. 匿名 より:

    この前は要所要所のにこちゃんの表情に注意してみたらヤバかった。いろんな思いがこもってるんだろうなって それと最後の理事長が講堂でスピーチしてる部分で、きっと3年生が卒業した後もこの場所で2年生や1年生や彼女たちと思いを共にするみんなが青春を過ごして、歌ったり踊ったり、送辞を送ったり答辞を残したり、そして何かを胸に旅立っていったんだろうなって考えて、冗談抜きで涙が吹き出てきた

    • 名無し主義のラブライバー より:

      にこにーは本当にずるいね。 僕光の「こんなにも心がひとつになる」のにこりんぱな部分のラストにアップでにこを映す所とか、独りきりの苦しさを経験したにこだからこそだと思うし。 個人的にはμ's活動終了宣言時に事情を知っているツバサの表情がかなりグッと来た。 にこぱなが物語当初から憧れ続けている、あのアライズのツバサにあんな表情をさせる程の存在にμ'sはなったんだと思うと…

      • 匿名 より:

        このシーン、絵里だけ表情が全く動かない(=驚かない)んだよね 絵里は穂乃果がここで活動終了宣言することを分かっていたわけで、 穏やかな表情で見守る絵里と真摯に語る穂乃果の関係性が見えるシーン

  17. 名無し主義のラブライバー より:

    にこに視点を置いて見ると本当に泣けるんだよなあ 1期2期で語られたにこの1年から3年までの境遇と、それを踏まえて映画でのにこのセリフと表情、どういう心境でそのセリフを言っているのかを考えるとね… SDS当日の朝に待ってた順番がアイドル研究部に入部した順ってのに気付くと、前後の絵里と花陽のセリフも感じかたが全然違う

    • 名無し主義のラブライバー より:

      何回も見てるのにその見方は気付かなかった 確かに入部順(にこ以外のμ's加入順)だし、「誰よりも早く待っている」「ずっと1人で」とかμ's加入前のにこの境遇まんまじゃないか…泣くシーンが増えちまったよ。ありがとう

      • 匿名 より:

        もうちょっと追加しとくと、ずっと一人だったにこの所に8人の仲間が集まったわけだけど、さらにその後のシーンでのA-RISEの3人のセリフと、続くにこのセリフ、その時の表情はもう色々とヤバイ

    • 匿名 より:

      わかる 俺、にこ推しじゃなかったけど、この映画でにこの評価爆上げだった

      • 名無し主義のラブライバー より:

        僕光のときのにこの表情がすごい感情こもってるシーンがあるんだけど、そこ見るとグッと来る μ'sに一番救われたのがにこで、一番グループを大事にしてたのもにこだったんだなーって思うと、僕光のにこの心境が伝わってきて涙腺に来る

  18. 名無し主義のラブライバー より:

    心理描写や歌詞の意味を考えられたりテレビ版の演出との比較をしながら見れるのがヒットの要因の1つだと思う テレビ版をしっかり見てから劇場にもう一度足を運べば、見方も変わってくると思う。

  19. 名無し主義のラブライバー より:

    μ'sの終わりとか最後とかそういうのに触れるシーンは10回観たけど毎回クルね 僕光のラブライブ!ロゴとキラキラからのエンドロールと練習着と誰も拾わない羽はもう毎回涙でよく見えない

  20. 名無し主義のラブライバー より:

    「穂乃果、絵里です」

  21. 名無し主義のラブライバー より:

    SDSは涙なしには見られないな 特にサビで号泣よ 逆に僕光はなぜか一回も泣いてないわ

  22. 名無し主義のラブライバー より:

    sdsの穂乃果ソロ→大サビと僕光のサビ→終わりにかけて目が潤んでた スノハレにも共通するけど穂乃果ソロ→大サビの流れにはどうしてこうも感動するのだろう

    • 匿名 より:

      穂乃果ソロは破壊力あるよねwアニメの主人公だからかな Super LOVE=Super LIVE!もそれ系だと思う

  23. 匿名 より:

    泣けるシーンとは違うけど、SDS当日のことり&海未の「よく寝れた?」 「晴れてよかった」はノーブラの時とか思わせるし、希の「遅刻しなかっ たね」と神田橋はスノハレ回を思わせるよねアレ。そういう小ネタ?が すごい多い

    • 名無し主義のラブライバー より:

      スノハレの遅刻に関しては2年組の 自業自得な気がするけどなw

  24. 匿名 より:

    初回は僕光の所だけ泣いたけど 今までの物語を振り返ったりしてから 映画館でもう一回見ると泣ける所が多すぎる困る

  25. 名無し主義のラブライバー より:

    花弁拾って走りながら踊るほのか後のエリチの「ほのか!」からのSDS団ズラーッで感動 今が最高〜からの高速カメラ引きで3年正面ジャンプスローモーションも感動

  26. 名無し主義のラブライバー より:

    映画の出来の悪さに泣ける

    • 名無し主義のラブライバー より:

      ・海未の雑な扱い ・サニデイのコンセプト破壊 ・(いつものことだが)バックが見えない超展開 ・今まで尺の都合などなどでスクールアイドルそのものの描写を疎かにしてきたから 人によっては「ほーん」って感じ これらはほんとにアウトだったからわかるよ。 でもこれらのことはTV版を観てれば、こんなこともありうると察することもできたと言えばできた。 おれは最悪を想定してたからあまりダメージ なかったけど

      • 名無し主義のラブライバー より:

        スクールアイドルの設定をあいまいに描いてきたのにスクールアイドルが最高って意味わからないっす

    • 名無し主義のラブライバー より:

      お前の頭の出来の悪さに泣ける この返信全部同じ奴だろ? みんな無視ねー

      • 名無し主義のラブライバー より:

        1個目の返信はおれが書いてるからそれは 違うんだよな…

  27. 名無し主義のラブライバー より:

    僕光の歌詞とシーン「忘れないいつまでも忘れない こんなにも心がひとつになる 世界を」の所で涙腺が緩み、CDに描かれている上から見た蓮の花の絵でトドメを刺さされた。 おそらく、CDの中心が僕光で踊っていた部分になると思う。

  28. 匿名 より:

    ・アニメ1期1話最後のススメ→トゥモロウを楽しめない人 ・1から10まで全て描写されないと気がすまない人 ・脚本にリアリティが無いとすぐ超展開とか言っちゃう人 あたりはラブライブ!という作品に向いてないんじゃないかな? 誰にだって向き不向きはあるし無理して見る必要は無いと思う 劇場版は1期1話に回帰するシーンが多々あってこれも泣けるポイントだね

    • 名無し主義のラブライバー より:

      >あたりはラブライブ!という作品に向いてないんじゃないかな? 出たよ典型的なラブライバー アニメ以外の媒体は楽しめてるし大いに自分に向いてるんで、私がラブライブ!に不向きってことはないです。 アニメが全てじゃないんでね、そこのところ間違えないでほしいです。ちなみにどれも当てはまってません

      • 名無し主義のラブライバー より:

        >>アニメ以外の媒体は楽しめてる おれもだ

    • 名無し主義のラブライバー より:

      ススメは普通にエンディングだと思った。 うまく説明できんのがもどかしいが、 必要な部分を今までにも散々省いてきたからしょうがないね。 リアリティの有無はともかくその世界観の中での説得力とかはいる。例えばサニデイイベントなんかある程度ラブライブの人たちが関わってることが判明していれば、アキバの道路使えたのにも納得だったりね(まあ2期で出さんかったからもう出したくなかったとかが本音かも知れんが)

  29. 名無し主義のラブライバー より:

    俺が穂乃果推しだってのもあるけど、穂乃果が悩むシーンや答えを出すシーンは全部涙目でしたわ 穂乃果は立ち位置が完全に他の8人と違って、穂乃果の出す答え=ラブライブの作品としての答えだから重たいってのもあって 関係ないけど、作品としてのラブライブ=穂乃果だから穂乃果が悩む時や答えを出す時は(他のメンバーの時と違って)ファンタジックに演出するのかなってパッと思った

    • 匿名 より:

      穂乃果の心境に合わせて天気が変わるのはよく言われますね

  30. 名無し主義のラブライバー より:

    泣けよと強制って書いてあるけど、今回の話でそんな強制されてるシーンないだろ ただ、単純にμ'sの終わりやファンへの感謝、未来のラブライブってのをテーマにしたらこういう話になったってだけで、未来穂乃果の飛べるよシーンとか、僕光とかで泣かせに来てるって思ってるのはちょっとずれてる気がする お涙ちょうだいはもっと露骨だよ

コメントする

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加