>

> 【ラブライブ】守ってあげたい!僕らの可愛い天然ことりちゃん【SS】

【ラブライブ】守ってあげたい!僕らの可愛い天然ことりちゃん【SS】(19:30)

5 votes, average: 3.60 out of 55 votes, average: 3.60 out of 55 votes, average: 3.60 out of 55 votes, average: 3.60 out of 55 votes, average: 3.60 out of 5 18点(5)(18点)
このエントリーをはてなブックマークに追加
3 ◆.a46lvF.pU :2014/05/29(木) 01:23:29.67 ID:KzdP4XQ9o
~朝 登校時間~ 

穂乃果「海未ちゃ~ん!
    ことりちゃ~ん!
    おっはよーー!!」

タッタッタ 

海未「ふう、
   やっと来ましたね」 

ことり「けど待ち合わせの時間には
          ちゃんと間に合ってるよ? 
      穂乃果ちゃん、μ’s始めてから
            遅刻がなくなったよね」 

海未「遅刻しないのは
         当然のことですよ。
         ことりは穂乃果に
         甘すぎます」 

ことり「え~?そぉかな~」 

穂乃果「はぁはぁ、よし!
            今日もちゃんと
            待ち合わせに
            間に合った!」 

海未「穂乃果はもう少し時間に
         余裕をもって行動しても
     いいとは思いますけどね」 

穂乃果「朝は忙しいから!」


4 ◆.a46lvF.pU :2014/05/29(木) 01:33:08.41 ID:KzdP4XQ9o

海未「穂乃果の場合、別に朝食を
         作ったりしてるわけじゃなくて
         2度寝したりぼ~っとしたり
         してるだけでしょう」 

穂乃果「えへへ」 

ことり「でも2度寝って
          気持ちいいよね~」 

穂乃果「そう言えばことりちゃんも
            朝ちゃんと起きるキャラに
            見えて結構
            遅刻したりしてるよね?」 

ことり「へ!!?」 

海未「……そういえば、そう言う
         描写がないためかことりは
         朝強いと思われてる
         かもしれませんが、穂乃果に
         負けず劣らず朝は
         弱いですよね」 

穂乃果「ことりちゃんの場合は
          お母さんがしっかり
            起こしてくれてるからまだ
            何とかなってる
            部分が大きいよね」 

ことり「なんでちゃんと
           間に合ったことりが
     責められてるの!?」

5 ◆.a46lvF.pU :2014/05/29(木) 01:41:51.49 ID:KzdP4XQ9o

穂乃果「別に責めてる
       わけじゃないけどさ、
           ことりちゃんも
           結構抜けてるよね」 

海未「穂乃果が言っていいのかは
         不明ですが、ことりが抜けている
         というのは同意ですね。
         ことりはぼーっとしていて
         少し心配な部分があります」 

ことり「そんなことないよ!
         ことり、
           結構ちゃんとしてるよ?」 

穂乃果「そうかな~。
           ことりちゃんだったら
         すぐ騙せると思うけどな」 

海未「そうですね、
         変な人に
         引っかからないか不安です」 

ことり「もう!
           二人とも失礼だよ!」


6 : ◆.a46lvF.pU :2014/05/29(木) 01:49:49.42 ID:KzdP4XQ9o

穂乃果「あ、海未ちゃん!
          今日ちゃんと調理実習の
            材料持ってきた?」ウインクパチリ 

ことり「え?」 

海未「………ええ、もちろんです。
         そういう穂乃果こそちゃんと
         用意してきたのですか?」 

ことり「え?え?」 

穂乃果「ふっふーん!
           もちろんこの鞄の中に
           ちゃんと入ってるよ! 
           ことりちゃんは?」 

ことり「へ!?」 

海未「…もしかして
      忘れたのですか?」 

ことり「へ?へ?調理実習?
         そんなのあった?え?」 

穂乃果「昨日先生が授業予定が
         変わって今日するって
           言ってたよ?」 

ことり「え?嘘……
           ことり、
           何も持ってきてない……」


7 ◆.a46lvF.pU :2014/05/29(木) 01:58:49.23 ID:KzdP4XQ9o

穂乃果「へ!?
            じゃあことりちゃん
            どうするの!?

皆が調理実習してる間
見てるだけ!?
その後皆が食べてる横で
お弁当食べるの!?」 

ことり「……ふえぇぇん!
          穂乃果ちゃんどうしよう!?」 

穂乃果「と、まあ簡単に
            騙せるわけだし」 

ことり「へ?」 

海未「ことり、ごめんなさい。
         調理実習というのは嘘ですよ」 

ことり「え!?嘘!?」 

穂乃果「ほら、ことりちゃんを
            騙すなんて簡単なんだから。
            ことりちゃんは
            もうちょっと
          しっかりしたほうがいいね」 

海未「穂乃果も人に
         偉そうには
         言えませんけどね」 

ことり「もう!
           二人して嘘吐くなんて!」 

穂乃果「あぁ!
            ことりちゃんが
            怒っちゃった!」

8 ◆.a46lvF.pU :2014/05/29(木) 02:08:26.24 ID:KzdP4XQ9o

海未「穂乃果が嘘を
         吐いたりするからですよ。
         ごめんなさい、ことり。
         ですがことりのことが
         心配ですから、もう少し
         気を付けてほしいんです」 

ことり「……ことりってそんなに
           抜けてるかな?」 

海未「もう少ししっかりしないと
         危ないとは思いますね」 

穂乃果「変な人にひっかかったり
            壺買ったり知らない人
            についてったりしそうだよね」 

海未「穂乃果言いすぎです」 

ことり「うぅ……分かった!
           ことり、もっとしっかりするね!」


9 ◆.a46lvF.pU :2014/05/29(木) 02:18:21.82 ID:KzdP4XQ9o

海未「……しっかりすると言って
         簡単にできるものなんでしょうか」 

穂乃果「ならことりちゃんが
            しっかりしてるか試そうよ」

ヒソヒソ 

海未「?  どうやってですか?」

ヒソヒソ 

穂乃果「私に任せて!」

ヒソヒソ


18 : ◆.a46lvF.pU :2014/05/29(木) 23:17:51.76 ID:KzdP4XQ9o

海未「……穂乃果、
       本当にするのですか?」

穂乃果「するよ!
            だって
            ことりちゃんのためだもん!」

海未「ですがもうすでに学校に
         着いてから階段と廊下で
         何もないのに1度ずつ
         こけていますし、
         机の上に置いていた
         紙パックの紅茶も倒して
         零してますし、いつも通り
         天然ぼけぼけの
         ことりでしかないと
         結論付けてもいいと
         思いますが」


穂乃果「だけど見て!
            海未ちゃん!」

ことり (゚8゚≡゚8゚)

穂乃果「あんなにことりちゃんが
            周囲を警戒してるんだよ?」

海未「………だから何ですか?」

穂乃果「何かアクシデント
            起こしてあげないと
            可哀想だよ!」

海未(穂乃果………
     この子は本当になんて
   優しいのでしょう)

19 ◆.a46lvF.pU :2014/05/29(木) 23:29:03.99 ID:KzdP4XQ9o

海未「分かりました。
         ではやってみましょう。
         で、一体なにを
         するんですか?」 

穂乃果「さっきも言ったけど、
            ことりちゃんは知らない人にも
            ホイホイついて
            行きそうでしょ?」 

海未「あまり人を
         疑いませんからね」 

穂乃果「だから見知らぬ人に
            ホイホイついて行くか
            テストします。ほい!
            ここに私達も知らない子が!」 

モブ「は、初めまして」 

海未「よく調達できましたね」 

穂乃果「事情を説明して
            お願いしたんだ!というわけで、
            この子にことりちゃんを
            誘いだしてもらいます」
22 : ◆.a46lvF.pU :2014/05/29(木) 23:38:50.31 ID:KzdP4XQ9o

海未「ですが同じ学校の子から声を
         掛けられたら誰だって
         ついて行って
       しまうんじゃないでしょうか?」 

穂乃果「けど、知らない人に
            誘われて、しかも
            ひと気のないところに
            連れ込まれたら
            普通だったら
            警戒するでしょ?」 

海未「まあ確かにしますね」 

穂乃果「だから、付いてっても
            すぐアウトにはしないよ? 
            けど、ひと気のないところに
            どんどん進んでるのに
            ノコノコと付いてったら
            お仕置きをします!」 

海未「なるほど。
         趣旨のほうはわかりました。
         では早速やってみましょうか」 

穂乃果「うん!じゃあお願いね」 

モブ「は、はい!」

トコトコ


23 ◆.a46lvF.pU :2014/05/29(木) 23:48:33.00 ID:KzdP4XQ9o

モブ「あ、あの!」 

ことり「はい?」 

モブ「わ、私は1年のモブです!
         こ、ことり先輩に実は
       相談があるんです!」 

ことり「相談?ことりに?」 

モブ「は、はい」 

ことり「相談ってなあに?」キョトン 

モブ「こ、ここでは少し……人のいない
         場所に移動してもいいですか?」 

ことり「うん、わかった!」 

穂乃果「ああ、わかっちゃった……」 

海未「何も疑わずに
         承諾しましたね。まあ見た目は
         普通の後輩ですから
         仕方ない部分もありますが」

24 ◆.a46lvF.pU :2014/05/29(木) 23:57:34.61 ID:KzdP4XQ9o

穂乃果「とりあえず
        私達も後を付けよう」ダッ 

海未「はい」トコトコ 

海未「校舎から
    出ちゃいましたね」 

穂乃果「そろそろどこに
          行くのか気になっても
          いいころだと思うんだけど」 

ことり「今日は天気が良くて
            ポカポカで気持ちいいね!」 

モブ「は、はい!」 

海未「天気の話をしてますね」 

穂乃果「ことりちゃ~ん(´;ω;`)」

26 ◆.a46lvF.pU :2014/05/30(金) 00:08:04.16 ID:Z55dvjVFo

海未「そうこうしてるうちに
         中庭も抜けてしまいましたね」 

穂乃果「あー……
            もうすぐゴールの
            体育館裏だよ…」 

海未「と、言ってる間に
         着きましたね」 

穂乃果「ことりちゃん……
         私、信じてたのに……」 

海未(自分で仕掛けておいて
        引っかかると
        落ち込むというのも難儀ですね) 

穂乃果「辛いけど、今後のことりちゃんの
            ためを思って
            お仕置きをしないとね……」 

海未「お仕置きとは
         何をするのですか?」

27 ◆.a46lvF.pU :2014/05/30(金) 00:16:37.37 ID:Z55dvjVFo

モブ「あ、あの!」 

ことり「うん?」 

モブ「こ、ことり先輩!
       お、お金を出してください!」 

海未「……恐喝ですか?
         穏やかじゃないですね」 

穂乃果「だって少しくらい恐い目に
            遭わないと、ことりちゃんが
            反省しないと思って。
            大丈夫だよ、当然途中で
            止めに入るし」 

海未「そうですか」

29 ◆.a46lvF.pU :2014/05/30(金) 00:25:46.40 ID:Z55dvjVFo

ことり「お金?」 

モブ「は、はい!」 

ことり「お金忘れてきちゃったの?
          いくら貸してほしいの?」
        ポケットサグリサグリ 

モブ「あ、いえその……
       貸してほしいのではなくて」 

ことり「あっ!!!」 

モブ「ど、どうしたんですか?」 

ことり「お財布、鞄の中に
           置いてきちゃったみたい!」 

モブ「え?それは……
       いくら学校の中とは言え
       不用心だと思います。
       貴重品は基本的には
       身に着けて
       行動された方がいいかと」 

ことり「そうだよね。
    いっつも海未ちゃんにも
          怒られるんだけど、お財布って
            ブレザーとかに入らないから
            ついつい
            忘れちゃうんだよね。へへ」 

モブ「そうでしたか」

31 ◆.a46lvF.pU :2014/05/30(金) 00:34:49.34 ID:Z55dvjVFo

ことり「あ、ごめんね。だからお金は
           今貸してあげられないの!
           後でまた教室に来てくれる?
           そうしたら必要な分
           貸してあげれるから!」 

モブ「あ、いえ……もういいんです」 

ことり「本当に?大丈夫?
           他にアテがあるの?」 

モブ「あ、はい、まあ……」 

ことり「そっか~よかったよ~。
           あ、ごめんね?
           力になってあげられなくて」 

モブ「あ、いえ。
       とんでもないです……ことり先輩」 

ことり「ん?なぁに?」 

モブ「次のライブ、応援に
       行きますから。頑張ってください!」 

ことり「応援に来てくれるの?
         ありがと、
           じゃあいっぱい頑張るね!」 

モブ「はい!
       それじゃあ失礼します!」 

ことり「ばいば~い」フリフリ


32 ◆.a46lvF.pU :2014/05/30(金) 00:42:57.83 ID:Z55dvjVFo

海未「……ファンが
   一人増えましたね」 

穂乃果「……これ、
     どうしたらいいんだろうね」 

海未「私に聞かれましても……
         ですが、ことりの人の好さが
         ピンチを招くとともに、それから
         脱する切っ掛けに
    なったともいえそうですね」 

穂乃果「けど、これは仕込みだったからだよ。
            本当に恐喝されてたら
            ことりちゃん危なかったよ」 

海未「まあ、財布がないと分かれば
         暴行されていたかもしれませんね」 

穂乃果「だから、もうちょっと
           ことりちゃんを試さないと!」 

海未(本当に穂乃果は友達思いですね。
      そういうところは
        素晴らしいと思います)

46 : ◆.a46lvF.pU :2014/05/31(土) 22:15:37.40 ID:bFFAdoMko

海未「次はどうするんですか?」 

穂乃果「次はこれだよ!」つ携帯 

海未「電話、ですね」 

穂乃果「これで俺々詐欺をしよう!」 

海未「俺々詐欺、ですか。
         ですが、あれは俺という
         一人称の人物がいて
         成立するものですから、
         ことりの周りにはそういう人物が
         いない以上、さすがのことりも
         引っかからないのでは
         ないですか?」 

穂乃果「そうだね、
            じゃあ『私』とかなら
            引っかかるかな」 

海未「引っかかったとしても、
         お金を振りこんだりは
         しないでしょう。 俺々詐欺は
         親子などの関係を
         利用するものなんですから、
         養われる側のことりがお金を
         誰かに振りこむとは
         考えにくいかと思います」

47 ◆.a46lvF.pU :2014/05/31(土) 22:25:19.31 ID:bFFAdoMko

穂乃果「まあ引っかからなかったら
            それはそれで
            ことりちゃん的には
            いいんだよ!」 

海未「たしかにそうですね」 

穂乃果「じゃあかけてみるね!」 

海未「あ、穂乃果」 

穂乃果「……あ、もしもーし。
             私だよ」 

ことり『あ、穂乃果ちゃん?
         急にどうしたの?』 

海未(穂乃果の携帯電話で穂乃果が
     かけたら俺々詐欺に
       ならないんですが…… 
       そんなことにも気づかない
       穂乃果はやはり
       最高に可愛いですね)


48 : ◆.a46lvF.pU :2014/05/31(土) 22:37:05.83 ID:bFFAdoMko

穂乃果「そうだよ、穂乃果だよ。
            ことりちゃん、どうしよう……
            ちょっと困ったことになっちゃって……」 

ことり『困ったこと?どうしたの?』 

穂乃果「さっきちょっと事故っちゃって
    お金が必要になっちゃったの……」 

海未(穂乃果が正体を明かした上で
   普通に詐欺をしてます!) 

ことり『事故!?
         穂乃果ちゃん大丈夫!?』 

穂乃果「うん。穂乃果は
          大丈夫だったんだけど、
      相手の人がちょっと
    怪我しちゃったみたいで。 
            それで示談金?として
            200万ほど必要なんだけど、
            穂乃果そんなお金持ってないし……」 

ことり『わかった!
           ことりに任せて!』


49 ◆.a46lvF.pU :2014/05/31(土) 22:51:19.64 ID:bFFAdoMko

穂乃果「ほんとう!?
            ことりちゃん、
            お金貸してくれるの?」 

ことり『ううん、そんなのより知り合いの
            弁護士さんに穂乃果ちゃんの
            弁護をお願いするよ!
            穂乃果ちゃんがお金を
            払うなんて間違ってるもん!』 

穂乃果「あ?え?け、けど私も
            携帯触ってて不注意だったし」 

ことり『穂乃果ちゃんに不注意が
          あったとしても相手にも
            不注意があったはずだよ! 
            だから言いなりになって相手の言う
            金額全部を穂乃果ちゃんが
            払うなんておかしいよ! 
            ちょっと待っててね?
            いま弁護士さんに
            連絡してみるから』 

穂乃果「あ、ことりちゃん!
            相手の人がお金はもういいって! 
            何とかなるみたい!」 

ことり『え?ほんとう?ならよかった~~。
            穂乃果ちゃん、次の授業
            始まるから、早く帰って来てね?』 

穂乃果「う、うん、分かったよ。
            じゃあまた後でね」 

ことり『は~い♥』

51 ◆.a46lvF.pU :2014/05/31(土) 23:05:20.99 ID:bFFAdoMko

穂乃果「……ことりちゃんが
            弁護士を用意しようとしました」 

海未「ええ、聞こえてましたから。 
         ですが結果的にですが、
         さきほどの恐喝も今回の詐欺も、
         ことりはお金を払うと言う行為に
         までは及んでいませんよね」 

穂乃果「さっきの恐喝は
          お財布持ってたら
          普通に払ってたと思うけどね」 

海未「今回の詐欺も、相手が
         穂乃果だったから身の潔白を
         信じてお金じゃなくて弁護士を
         用意しようとしたんでしょうけど」 

穂乃果「ならやっぱりことりちゃんが
            お金を払わなかったのは偶々じゃん!」 

海未「まあそうですね」 

穂乃果「く~~!
            次こそは絶対に
            お金を払わせるんだから!」 

海未(悔しがってる穂乃果の
     顔も可愛いですね♥
     あれ?目的はなんでしたっけ?)

53 ◆.a46lvF.pU :2014/05/31(土) 23:23:23.87 ID:bFFAdoMko

~お昼休み~ 

穂乃果「う~~ん、
            ことりちゃんを騙すだけなら
        簡単なんだけどな~」 

海未「3人ならんで食事している
       最中に話す内容ではないですね」 

ことり「ねーねー何のお話してるの?」 

穂乃果「ことりちゃん。
           あっちでアルパカが
          散歩してるよ?」 

ことり「え!?どこ!?」キョロキョロ 

穂乃果「ほら、騙すだけなら
            こんな簡単なのに…もぐもぐ」 

海未「穂乃果、ことりのお弁当から
         勝手におかずを
         取るなんて駄目ですよ」


54 ◆.a46lvF.pU :2014/05/31(土) 23:32:44.75 ID:bFFAdoMko

ことり「ねーねー穂乃果ちゃん、
           アルパカさんどこにも……あれ!?
           ことりのエビフライがなくなってる!」 

穂乃果「あーそれ、さっき
            アルパカが食べてったよ」 

ことり「えー!?気付かなかったよー。
           アルパカさん見たかったよー」 

海未「……ここまで簡単に
         騙されるとやはり少しは
         不安になりますね」 

穂乃果「でしょ?
            やっぱりことりちゃんの
            ためにここはビシッと騙さないと」 

海未「かと言って、今日1日なんとか
         大事にはならずに済んでるんですよね」 

穂乃果「ん~~じゃあ皆の力を借りよう!」

57 ◆.a46lvF.pU :2014/05/31(土) 23:56:42.76 ID:bFFAdoMko

~放課後 部室~ 

穂乃果「と言うわけで皆にもことりちゃんを騙す方法を考えてほしいの」 

真姫「騙すったって……その対象の
         ことりが今ここに座って
         話を聞いてんだけど」 

穂乃果「ああ、大丈夫だよ。
            ことりちゃん、
            耳栓取っていいよ」

ジェスチャーフリフリ 

ことり「? もうとってもいいの?
           ところで何のお話してたの?」 

穂乃果「ちょっと大人なお話だよ」 

ことり「お、おとななお話…///」 

真姫「……確かに
         この様子じゃちょっと不安ね」

58 ◆.a46lvF.pU :2014/06/01(日) 00:07:15.84 ID:HqC3H/Yho

にこ「……胸の大きい女は栄養が
        頭に行かなくなって
        馬鹿になるんだってね」

ジロ 

ことり「ぴい(;8;)」

ムネカクス 

希「なんか今日のことりちゃん、
    あんまりオーラが
    よくないみたいやなあ。
    そんなときには………
    ブラをとって頭に
    かぶるんがええかもね」 

ことり「……」

イソイソソウチャク(`・ω・´) 

凛「えっとえっと…ことりちゃんは
      明日事故に
      遭っちゃうかもしれないにゃ!」 

ことり「ぴい!(;8;)」 

真姫「それじゃ単なる脅迫じゃない」 

絵里「……ことり、何か私達に
         隠し事してるって顔してるわね」 

ことり「っ!な、なんで
           絵里ちゃんは知ってるの!?(;8;)」 

真姫「そりゃ人間誰だって
         隠し事の1つや2つくらいあるでしょ」

60 ◆.a46lvF.pU :2014/06/01(日) 00:18:18.54 ID:HqC3H/Yho

花陽「えっとね…………」 

真姫「別に無理して
         やらなくてもいいわよ」 

花陽「あ、大丈夫……ごほん、ことりちゃん。
         最近悩み事ない?
         けどね、このサイトに載ってる
         数珠を買うと色んな悩み事が
         すっきりするんだって」 

ことり「ほんと!?」 

真姫「なんであんたは
         ガチのやつをことりに試すのよ」 

希「これはこれでおもしろ……
      可愛いと思うんやけどねぇ」コトリナデナデ 

絵里「ええ、こんなに
         純真なんてことりはキュートね」

ギュッ 

ことり「ぴよっ///」

61 ◆.a46lvF.pU :2014/06/01(日) 00:25:45.66 ID:HqC3H/Yho

にこ「けど確かに騙されやすいってのも
       どうかと思うわ。
   仮にもアイドルなんだから
       ファンに騙されて……って
       心配もあるし」 

花陽「それは……
         確かに心配かも」 

凛「それは大変なんだにゃ!
      ことりちゃんは皆で守らないと!」 

真姫「けどずっと見守ってる
         わけにもいかないでしょ」 

穂乃果「だからだよ!
            私達がいなくても
            大丈夫なように、一度お灸を
            すえとくべきだと思うの!」 

真姫「……ことりが2年の中じゃ
         一番まともだから
         大丈夫だと思うけど」 

凛「ことりちゃんは常識が
    あるけど押しに
    弱い気がするにゃ!」 

希「まあお人好しなんは
    明らかやし疑うことも
    覚えた方がええかもなあ」


62 ◆.a46lvF.pU :2014/06/01(日) 00:34:16.41 ID:HqC3H/Yho

絵里「けど、わざわざ騙さなくても
         言って聞かせれば
         いいんじゃないかしら」 

海未「絵里、残念ながらことりは
         今日は朝から意識的に
         注意をしているんです。 
         それなのに今やブラジャーを
         頭にかぶってる始末です」 

ことり「ぴよ?(・8・)」 

絵里「……なら多少のショック療法も
      必要なのかもしれないわね」 

希「ほなことりちゃんのために
    皆で色々やってみよっか」

63 ◆.a46lvF.pU :2014/06/01(日) 00:43:52.88 ID:HqC3H/Yho

この日からμ’sでは、
ことりに嘘を言い、ことりが
引っ掛った場合には
デコピンをする、 
というややもするとイジメに
見えてしまいそうなことが始まった。 

ことりは「しっかり者になりたい!」
とやる気を見せ、この企画にも
俄然やる気を見せていたが、 
そのやる気とは正反対に
悉く皆の嘘に引っかかっていた。 

1日に20回はデコピンされ続け、
おでこが真っ赤になってるのが
デフォになって早1週間が経った…… 

真姫「これ、
       やり続けても意味あるの?」 

凛「ことりちゃん、
     引っ掛りっぱなしにゃ……」 

絵里「ことり、コルセットとかで
         お腹を圧迫しながら食事をとると、
         お腹には肉が付かずに
         胸に脂肪が付くそうよ」 

ことり「へえ、そうなんだ~。
         ならちょっとくらい
           お菓子食べ過ぎても
           大丈夫ってことだよね!」

パクパク 

絵里「いいえ、嘘よ♥」

デコピン☆ 

ことり「いたい!(:8:)」

64 ◆.a46lvF.pU :2014/06/01(日) 00:55:37.48 ID:HqC3H/Yho

にこ「……これじゃあ
        1週間前と変わらないじゃないの」 

花陽「うーん……人を信じるってのも
         ことりちゃんのいいところだし…」 

穂乃果「けど結局、この1週間でも
            ことりちゃんが徹底的に
            騙されてお金をはらったりとか
            したことはなかったね」 

海未「そういえばそうですね。簡単な嘘には
         すぐだまされますけど、お金とか物を
         だまし取られるような引っかけには
         違う方向に話が流れてしまって、
         結局引っ掛りませんでしたね」 

凛「それはことりちゃんの
   常日頃の行いが
   きっといいからにゃ!」 

真姫「ならさー、
         別にいいんじゃないの? 
         ことりが抜けてるのはそうだけど、
         今すぐに直さないとヤバいって
         ほどじゃないんだしさ」 

絵里「確かにそうかもね。 
         これ以上、おでこが真っ赤な
         ことりを見るのも忍びないし。 
         それに、ことり自身が
         注意しようって思っただけでも
         いい方向に
         向かうんじゃないかしら」


65 ◆.a46lvF.pU :2014/06/01(日) 01:06:37.64 ID:HqC3H/Yho

穂乃果「う~~ん………そうだよね。 
            じゃあことりちゃんが
            しっかりするまでは穂乃果が
            見守ってあげようかな」 

ことり (・8・)! 

海未「そうですね。
         今まで私はことりと穂乃果の
         面倒を見てきたつもりなので、
         そうなったところで前と
         一緒なので別に構いませんが」 

ことり (・8・)! 

ことり「穂乃果ちゃん、海未ちゃん、
          これからもよろしくね!」 

希(ことりちゃん、ホンマにお金とかが
     絡むと全く引っ掛らんかったなー。
     これも全部天然なんやろうか? 
     ことり、というよりなんか鷺とかの方が
     ぴったりなイメージやわ。
     まあ偶然なんやろうけど) 

ことり「ちゅん(・8・)?」 

終わり

ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401293631/


このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ記事♪

▼最新の景品がザックザク♪面白すぎてヤミツキ間違いなし☆彡▼
▲近くにゲームセンターが無くてもノープロブレム♪▲
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
18点(5)
Loading...Loading...

カテゴリ「SS」の最新記事

カテゴリ「μ's」の最新記事

コメントする

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加