> >

> 【ラブライブ】ネタばれ注意!劇場版の女性シンガーは結局何だったのか!様々な説が飛び交う!

【ラブライブ】ネタばれ注意!劇場版の女性シンガーは結局何だったのか!様々な説が飛び交う!(23:00)

4 votes, average: 4.75 out of 54 votes, average: 4.75 out of 54 votes, average: 4.75 out of 54 votes, average: 4.75 out of 54 votes, average: 4.75 out of 5 19点(4)(19点)
このエントリーをはてなブックマークに追加
としあき : 15/06/13(土)11:09:28
やっぱりあのキャラって
※※※から来た
※※※なの?

オススメ記事♪

としあき : 15/06/13(土)11:11:08
>やっぱりあのキャラって
タブンネ マイクとか


としあき : 15/06/13(土)11:13:53
>やっぱりあのキャラって
あの声だもの
いるだけで人がどんどん
氏ぬ死神だろう


としあき : 15/06/13(土)11:15:27
>あの声だものいるだけで
そんなキャラが
映画に出てるの!?


としあき : 15/06/13(土)11:14:30
>やっぱりあのキャラって
2回目の邂逅シーン声色とか
言い方とかすごかったよな


としあき : 15/06/13(土)11:16:27
>2回目の邂逅シーン声色
高山みなみすげーなぁ
と思ったよ


としあき : 15/06/13(土)11:15:42
>やっぱりあのキャラって
あああああそういうことか


としあき : 15/06/13(土)11:16:14
>あああああそういうことか
うっかり忘れとか…
そっくりだしね…


としあき : 15/06/13(土)11:17:31
>あああああそういうことか
ヒントは開始前に
シュワちゃんが出てる
映画あったろ…


としあき : 15/06/13(土)11:18:20
>ヒントは開始前にシュワちゃん
ヒントダッタノオ!?


としあき : 15/06/13(土)11:19:59
>ヒントは開始前にシュワちゃん
うち流れなかったんですけお!

 
としあき : 15/06/13(土)11:38:05
>やっぱりあのキャラって
平行世界の穂乃果


としあき : 15/06/13(土)12:30:52
結局あのお姉さんは
何者だったんや


としあき : 15/06/13(土)12:31:34
>結局あのお姉さん
未来の穂乃果さん説


としあき : 15/06/13(土)12:32:52
>未来の穂乃果さん説
だろうねえ
俺もそう感じたぞ俺


としあき : 15/06/13(土)12:34:39
>未来の穂乃果さん説
成長したらあんなバーローな声に
なるなんて嫌じゃい!


としあき : 15/06/13(土)12:32:34
>結局あのお姉さんは
ヒント ドラえもん一話


としあき : 15/06/13(土)12:55:16
アレは

①未来の自分
(声は酒やけで変わった)

②内なる自分の具現化

③スクールアイドルの精霊or
 集合的無意識の顕現
 似た境遇の人間に憑り付く
 NYで氏んだ怨霊

さあどれ!



@yazawa_diary  2015-06-14 09:29:23
@lovelivebare
穂乃果が見てる夢を
覗き見しているとして、
穂乃果は他の人の声はちゃんと聞けるけど、
自分の声は違って聞こえてるから、
女性シンガーの声が違った。
でも映画を見ているのは我々だから、
穂乃果の声は新田恵海に聞こえたし、
穂乃果が想像してる
未来の自分は
高山みなみに

@Delta_waver  2015-06-14 10:16:27
しかし、あの女性シンガーは
オカルティックになってしまうが、
未来の穂乃果かと思ってた。
あるいはμ’sそのもの。
そんな雰囲気の漂うキャラクターだった。
最終曲は素晴らしい歌詞だった。
上手いこと考えた曲だなぁと思った。
真姫ちゃんの曲に
海未ちゃんの歌詞のセンスに脱帽
#lovelive

@chin77ms  2015-06-14 10:26:56
@lovelivebare なるほど、あの女性シンガーは
一度目にアメリカで会った時は
本当にいた(=未来の穂乃果ではない)。
二度目は彼女に自分自身を
重ね合わせていた穂乃果が
具現化させた
(境遇が似ていた彼女の存在を
浮かび上がらせた)
とも解釈出来るのか。

@kanata_sakino  2015-06-14 11:41:21
@lovelivebare
マイクはバトン代わりで
未来から過去へ決断を下すために
渡されるのかもしれない
彼女がほむらには入らなかったのも
他のメンバーに合わなかったのも
穂乃果(あるいはμ’s?)と
深い関わりのある人に会えない
という制約があるからなのかも

@kanata_sakino  2015-06-14 11:46:44
@lovelivebare
そうなると穂乃果は卒業後も
歌う楽しさを忘れられずに
歌手活動を続けてる
ってことになるのか
そういえばあの大雑把な説明で
ホテルの場所が分かったのも
自分が経験してるから
なのかもねw
(自分から大きいシャンデリア
って補足してるし)

@remiriaazusa  2015-06-14 12:11:00
@lovelivebare
高山みなみは最初西木野家か
星空家の人かな?
って思ったんだけど
目の色とか形とか動作とかで
ンンっとなり
穂乃果の過去のこと
喋り出したときに「なるほど!」
ってなった
(未来の穂乃果の可能性だと
私は思いました)

@remiriaazusa  2015-06-14 12:13:21
@lovelivebare
未来穂乃果かμ’sには見えなくて、
NYの観客には見えていたのは、
現代穂乃果と関わりのある人には
見えない
(もしくは見せたくない)
んだろうなと思った
(家に入らなかったのも
ほのママには未来穂乃果が
見えないから)

@keigo_niko  2015-06-14 12:16:45
女性シンガーの正体
ってやはり穂乃果?
前髪は凛ちゃんに似てたし
声は真姫ちゃんに似てたし
μ’s全体を表した人なのかな?

@remiriaazusa  2015-06-14 12:20:27
@lovelivebare
穂乃果NYへ→
NYで未来穂乃果に出会う→
マイクを受け取る→

乃果日本で未来穂乃果に出会う→
穂乃果そのままμ’sを続けプロに→
解散しNYであの時のマイクを使いシンガーになる→
(次の)穂乃果NYへ→
のループなのかと思ったけど
いつからラブライブ!は
ループ物に

@chin77ms  2015-06-14 12:22:38
@lovelivebare
うーん。
女性シンガー=初めて会った時は
実在の人物で、
二回目は悩む穂乃果が
自らの境遇や雰囲気が
似ている彼女を
具現化させた幻って説が
物凄くしっくり来てる。
事実、初めて会った時は
認識してる観客がいるけど、
二回目に会った時は
穂乃果しか認識してないんだよね。

@remiriaazusa  2015-06-14 12:23:35
@lovelivebare
たぶんループじゃなく
当時決断を誤った未来穂乃果が
過去の自分に同じ思いを
させたくなくて現代に来た
ってやつだよな…
(意味がわからない)

@chin77ms  2015-06-14 12:24:28
@lovelivebare と、なるとマイクに関しても
納得が行く。
初めて会った時に他のμ’sメンバーが
彼女を見ていないのは、
他のメンバーはもう
穂乃果の事しか目に入ってなかったし、
海未ちゃんが怒ってる間に
気を使わせて立ち去ったのかもね。

@_6s21  2015-06-14 12:44:35
あの女性シンガーは
〝μ’sを続けていた場合の〟
彼女の未来ではないか、
と言う説見かけてやばい

@8_ALiiii_8  2015-06-14 12:53:00
@tos
女性シンガーに関しては
かなり考察の余地がありそう
まきちゃんに似てたから親戚…?
とも思ったけど
「振り返ったらいない&穂むらに入らない
(ほのか以外に会いたくない?)」
「NYと秋葉原で偶然会う」
「穂乃果の幼少の頃の思い出を知っている」
の3点からスピリチュアルな
線あるよ

@mea_ya  2015-06-14 13:03:08
は!
紳士はどんでもない事に気付いた!
ラブライブ映画の
女性シンガー(高山みなみ仮)の曲名
「As Time Goes By」
って訳したら
「あれから時が流れて」じゃないか!
あの歌を日本語に訳すと、
穂乃果のその後が
わかるんじゃね?
だが、紳士の英語力はwww

@yazawa_diary  2015-06-14 13:11:53
@lovelivebare
ことりのコーディネートした穂乃果と、
女性シンガーの被ってた
帽子ってどんなんだっけ。
さすがに同じだったら
覚えてるかな

@bRez_Kam  2015-06-14 13:36:38
@lovelivebare
穂乃果が逆方向の電車に
乗ったのは決心の間違いを示してて、
過去の穂乃果(仮)
は迷ったまま出られなくて
NYLONSで歌い続けて、
あそこに穂乃果が来たから
帰れたとかそういうかんじの

@bRez_Kam  2015-06-14 13:42:47
@lovelivebare
でも女性シンガーは未来のってよりも、
穂乃果の可能性の暗示であって
 誰の働きかけとかはわからないけど
岐路に立っていることに
気づかせる存在というか

@achan_kashiyuka  2015-06-14 13:49:33
昨日映画2回連続で見たけど
あの女性シンガーは
未来の穂乃果なんじゃ
ないだろうか

@oishi1121  2015-06-14 13:59:52
穂乃果と謎の女性シンガーは
士郎とアーチャーみたいなもんか



結局返すことがなかった
マイクのことも考えたら
未来の穂乃果という説が
強いように見えてくるけど
まだまだ色んな説がありそうですね




このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ記事♪

▼最新の景品がザックザク♪面白すぎてヤミツキ間違いなし☆彡▼
▲近くにゲームセンターが無くてもノープロブレム♪▲
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
19点(4)
Loading...Loading...

カテゴリ「映画」の最新記事

カテゴリ「高坂穂乃果」の最新記事

この記事のコメント(110 件)

  1. 名無し主義のラブライバー より:

    いつか必ずもう一度NYに行くって言ってたから、未来のほのか説は高いと思う

  2. 女子中学生 より:

    私には理解が難しいようです……。

  3. 匿名 より:

    個人的にはμ'sの解散をきっぱりせずに有耶無耶にして自然消滅してしまった事を後悔した穂乃果だと思いたい

  4. 名無し主義のラブライバー より:

    1回目じゃ未来穂乃果かな?くらいにしか思ってなかったが2回目みると随所に穂乃果っぽさが散らばってて確信に変わったな 別の未来線とかは全然想像できなかったがそういう考え方もあるんやな

  5. 名無し主義のラブライバー より:

    未来の穂乃果だと思う。 グループとは解散したって言ってたし 個人的に目の色が同じだったからそうだと思った。 ただ穂乃果以外見えてないから、普通の人じゃないよね。

  6. 名無し主義のラブライバー より:

    初見凛ちゃんの姉だと思っていた自分がいます

  7. 名無し主義のラブライバー より:

    未来の穂乃果であって欲しい

  8. 名無し主義のラブライバー より:

    誰だろうとどうでもいい two-mixの大ファンの俺にとってtwo-mixのボーカル新曲が4年振りラブライブで聴けた それだけで、俺には十分だ

    • 匿名 より:

      実はTWO-MIX自体はまだ存在してて2013年にシングル発売してるんだけどね 本気の歌自体は2年ぶりという

  9. 匿名 より:

    「高坂穂乃果は…私の過去であり、現在であり、未来なのだ…」

    • 名無し主義のラブライバー より:

      誰だっけ?

  10. 匿名 より:

    NYにはいつかまた「皆で」来たいと言っていたのがなあ・・・ その割にグループの解散は「次へのステップ」と捉えていたというのも前向きでなんとも・・・ きっぱり解散後も1期3話から続く歌への想いを持って歌い続けている未来の姿とも取れるし、解散が上手くいかず、ミューズの最後の華やかな思い出の残るNYで諦めきれずにいるってのも考えられる そこは視聴者の感じたままに・・・という展開だけど個人的には上手くいった未来だと信じたい 過去、未来の穂乃果が「自分がどうしたいか」を迷った現在の穂乃果を後押ししたんだと感じたから

  11. 名無し主義のラブライバー より:

    単純に未来の穂乃果って捉えていいんじゃないかな そんな深く考察するようなストーリーではないでしょ

  12. 名無し主義のラブライバー より:

    女性シンガーソングライターの名前が出なかったのも自己紹介しなかったのも、名前ゆーとバレるからじゃないかって思った

  13. 名無し主義のラブライバー より:

    無数に枝分かれした未来のどれかから来た穂乃果と自己解釈 今の穂乃果はどの未来をえらんだんやろなぁ…?

  14. 匿名 より:

    見終わってグッズコーナーに並んでる時に後ろの人があの女幽霊だとか言ってたけど、俺は未来の穂乃果ちゃんだと思う

  15. 名無し主義のラブライバー より:

    未来穂乃果だろうな。みんな同じ意見多くて確信へと変わって行く。来週も見に行くしもっとよく見て見なくてはな

  16. 名無し主義のラブライバー より:

    公式から回答がでることはないと思うけど、マジで未来ほのかだったら幻滅するわ ほのかが作り出した幻だとしたらほのかは病院いったほうがいい

  17. 匿名 より:

    正直、未来の穂乃果以外の答えが見つからない。 けど、未来の穂乃果が現在の穂乃果の問題に手助けするって事実上の自己完結だから、この展開は嫌い。 「みんなで叶える物語」なんだから、みんなで解決してほしかった。 他の8人は、何のために存在してるんだよ。μ'sってその程度の存在なの?

    • 名無し主義のラブライバー より:

      夢を叶えるのと問題を解決するのは別でしょうよ。自分の気持ちを自分で整理して何が悪いの?9人それぞれが出した答えが同じだったんだからそれでいいじゃない

      • 匿名 より:

        お前は今まで何を見てきたんだ

        • 匿名 より:

          未来のほのかが現在の穂乃果を助けたけど その未来のほのかはどんな選択をしたほのかは確定できないから 9人で相談して、答えを見つけ出した未来のほのかかもしれない それに、現在の穂乃果ヒントもらえたけどちゃんと皆と話したと思う ただその描写がすくないだけ… だから僕は自己完結とは思えない

    • 匿名 より:

      本編でもだいたい穂乃果が決めてたじゃん 穂乃果「そうだ!○○だったんだよ!」海未他「なるほど」みたいな感じで そもそもみんなで叶える物語ってのは学校の皆のサポートや応援含めてって意味であって、9人の合議制で方針を決定しますなんて意味じゃないだろ

  18. 名無し主義のラブライバー より:

    じゃあ最初にサニーデイソング歌ってたのは映画終了直後の穂乃果ちゃん?

    • 匿名 より:

      声ロリすぎない?

  19. 名無し主義のラブライバー より:

    fateでいうアーチャーみたいな 穂乃果の理想を具現化した存在 マイクは依り代

  20. 名無し主義のラブライバー より:

    確かに、未来から来たとかなるとな………。 雨が止むとかはあったけど、はっきりとしたオカルトなんてなかったし。 自己完結になるっていうのも納得 でも、結局結論を出したのは9人だし、いいんじゃない?

  21. 名無し主義のラブライバー より:

    まだ一回しか観てないが、最初は成人した真姫ちゃんならこんな雰囲気と思った ただ、ネットで未来穂乃果説見てからは、劇場版通りに解散して、誰かを笑顔にする為に歌を歌い続けてる穂乃果だと思う事にした あと、髪の色は真姫ちゃん、長さは海未ちゃんや髪ほどいた絵里ちに近そうだから、μ'sの皆といつでも繋がってるようなイメージであんな風になってるのかなぁとも思った

  22. 匿名 より:

    自分も最初は真姫の従姉妹か何かかと思ったよ あと『英霊になった穂乃果』説には笑ってしまった

    • 名無し主義のラブライバー より:

      だとしたら、あの水溜まり空間が穂乃果の心象風景か

  23. 名無し主義のラブライぱー より:

    女性シンガーは、半分穂乃果の夢落ちのような存在だけど、実際は穂乃果とは関係のない女性だと思ってる 彼女は穂乃果ととても似た瞳をしていて、同じように歌うことが大好き。そして彼女もかつてはグループで活動していた。だからあの時の穂乃果の気持ちを理解できて、「直ぐに分かる」って言ったんじゃないかな 大人になってμ'sの皆と離れても歌い続けた穂乃果を暗示してるんじゃないかと思った でも、彼女が穂乃果の未来の姿かというと、そうとは限らないと思う なぜなら、彼女と会った後のライブで、「もしもは欲しくない」と歌っているから 欲しいのは1つに決まった「もしも」のIFじゃない。今を「もっと」積み重ねた先のなにもわからない未来 そこを目指すための翼は、小さな白い羽がたくさん集まって出来たもの μ'sの原動力”みんなで叶えた物語” だから、それをただの飾りなんかには絶対しない そこを目指して前に進む羽ばたきは、ずっと止まらない そういうことを歌ってるんじゃないかと思う

    • 名無し主義のラブライバー より:

      この解釈好きだな……。 考えてくれてありがとう。また映画館行かなきゃ。

    • 名無し主義のラブライぱー より:

      ニューヨークで彼女と初めて会った時の映画中での出来事としては 穂乃果がはぐれて1人になる→ 女性シンガーに会い、歌を聞く→ 女性シンガーがホテルのことをしっているようで、一緒に向かう→ 道中での会話→ ホテルに到着(ここで穂乃果以外のメンバーからは穂乃果だけで帰ってきたと認識されている→ メンバーとの会話→ ライブ→ 飛行機の中で目が覚める→ 空港 っていう流れだったと思うんだけど、俺は電車に乗っている間に穂乃果が寝ちゃって、寝ぼけたまま電車の中でした女性シンガーとの会話を、ホテルへの道すがらしたものと勘違いしたんじゃないかって思う 女性シンガーはホテルの場所を知ってるんだから、道順を書いたメモでもあれば、穂乃果1人で帰ってくることが出来る。会話の内容は、「何のために歌うのか」を穂乃果に考えさせるため ホテルに到着して海未に怒鳴られた時に意識が覚醒して、だから穂乃果が振り向いてもそこには女性シンガーがいなかった マイクも実際にはもらってなくて、女性シンガーから受けっとたものはホテルへの道と、自分の声をたくさんの人に届かせるための力で、だから穂乃果にしか見えなかったんじゃないかな ライブを終えて、飛行機で目が覚めて、空港で夢オチを疑うっていうことで、夢オチの示唆とそこからは完全に現実であるということを示した。 寝ぼけてたとか無理があると思われると思うけど、俺はこの世界は穂乃果視点の世界を第3者視点で見せているものだと思ってるから、これで正しいと思う

    • 名無し主義のラブライバー より:

      すごくきれいで納得行く解釈をありがとう。この解釈から最初にNYであったときはバーローシンガーさんは実際にいて、2度目に秋葉で会ったシンガーさんは白昼夢?というか究極の選択を迫られた穂乃果がみた幻って考えたらすごくすっきりした。

  24. 名無し主義のラブライバー より:

    未来の穂乃果…みたいな人だろうなぁ、実際に本人かどうかは別として。 穂乃果と似た経験をした、穂乃果より大人な人ってとこか。 幼少期のシーンの歌声の持ち主だったら「あの頃みたいに」ってのもまぁなんとか辻褄は

  25. 匿名 より:

    願望も含まれるが、個人的には並行世界や成長後ではなく、穂乃果にとてもよく似た境遇と容姿の他人であって欲しいなあと 髪の毛の色は似てるけど違うわけだし、初登場時は実在の人物として観衆と話してるわけだし 2回目は幻か心象世界の出来事でしょ

  26. 匿名 より:

    ていうかね、誰だって未来の自分に会ったら絶対すぐ気付くよ それが幼少期なら例外として、穂乃果は第二次性徴期後なのですよ だから気付かないってことは自分ではないのよ もっとも、誰一人として自分に会った人はいないけどな

  27. 名無し主義のラブライバー より:

    260ななしのよっしん 2015/06/14(日) 12:51:15 ID: twcIIwOqRw 劇場版ネタバレ注意 バーローボイスのお姉さんはホノカチャンの未来の姿、その可能性の一つだったのか? 最初は仲間がいたけどどんどん抜けていって、最終的には一人になったって聞いたときは、なんか寂しくなった もしあのままμ'sを解散していなかったらそんな未来しかなかったのかな・・・ 261ななしのよっしん 2015/06/14(日) 15:44:59 ID: W4oDr++K+z >>260 なるほど、それなら色々と納得いくなぁ。バロ果ちゃんも多少の寂しさはあっても楽しく幸せだったと思いたいね。 花びらを拾ったシーンはμ'sを解散する事が確定し、バロ果ちゃんルートの未来が無くなりバロ果ちゃんが消えたって事かね(もっとちょっと前に確定してた気がするから時間差で消滅した?) その後の無音で踊ってたのは、まさにその時、新しい未来が創造されてたのを表してたとか?うろ覚えなんで間違ってたらごめん

  28. 名無し主義のラブライバー より:

    マイクがなければ、ほのかの妄想で何とかなると思うんだな

  29. 匿名 より:

    無理矢理だと水溜りは越えれないけど、楽しくなら越えれた。 μsの解散という困難も楽しくなら越えれる。 逆にμsを無理矢理続けた世界では、脱退者が続き、(売れない、もしくは目的を見失って)プロになった穂乃果はそのままアメリカへ 歌の象徴であるマイクをNYで忘れたがったり、秋葉では取りに戻ったり、μsと実家にも顔見せないてとこから相当悪いほうに突っ走った世界線がバロ果なのでは 最後の花びらはラストライブがまんま花だから、造花として続けるより自分もμsの花弁として楽しく散る決心てとこかな

  30. 名無し主義のラブライバー より:

    マイクをNYで忘れようとしてないし μsと実家に顔見せないのは、穂乃果にしかバロ果が見えないからじゃ

  31. 名無し主義のラブライバー より:

    上で自己完結と書いた者ですが、補足すると、穂乃果が問題にしていたのはμ'sの未来ではなく、ラブライブの未来の中でのμ'sの未来のはず。だって、ラブライブの件がなかったら、こんな問題は起きなかったから。 でも、穂乃果以外の問題認識はμ'sの未来に留まっていて、ラブライブの未来に対する結論を出したのは穂乃果と仮定未来穂乃果だから、「9人の結論が一致した」というのは少し違うと感じてます。

  32. 名無し主義のラブライバー より:

    仮定未来の穂乃果説を信じたいけど、髪色と目の色的に雪穂に思えてくる

  33. 名無し主義のラブライバー より:

    エリから三年先生の話し合いを伝えるメールをほのかが見てるときマイクケースきらきらしてたの覚えてる

  34. 名無し主義のラブライバー より:

    どういうことだ?つまりドラゴンボールの映画のトランクスとタピオンみたいなものか? まぁ未来の穂乃果説が濃厚か…

    • 名無し主義のラブライバー より:

      マイクの件はそうじゃない?

  35. 名無し主義のラブライバー より:

    最初に女性シンガー見た時、真姫ちゃんが変装して自分の実力をこっそり試してるのかと思ったww

    • 名無し主義のラブライバー より:

      おまおれ 本当に最初はまきちゃんにしか見えなかったし、のんたんとノートの話があったばかりのシーンだったから尚更

  36. 名無し主義のラブライバー より:

    未来の穂乃果ねぇ・・・ 一人で歌う道を選ぶかな?少なくともことうみの二人は付いてると思うんだけどね あのラブライブで優勝した世界での未来の姿じゃなくて別の時空での未来の姿なのかもしれないけど

  37. 匿名 より:

    俺も女性シンガーは未来の穂乃果の暗示で、穂乃果とは別の女性だと考えてる。個人的にラブライブにSF要素はあまり入れたくないかなって思うので。

  38. 匿名 より:

    あれ? あの人がPile様だと思ってるのは俺だけかな?

    • 名無し主義のラブライバー より:

      一瞬そう思ったけど会話のシーンですぐバーローだとわかったぞ

  39. 名無し主義のラブライバー より:

    スクールアイドルの創設者みたいな?

  40. 匿名 より:

    『解散』って言葉から、未来の穂乃果だと思った。 解散って言葉は、集まりが終了して、皆がバラバラになるって意味だそうです。まりグループ活動での解散は、メンバー同士がうまくいかず一緒に活動出来ない状態になり意見が纏まらず、むりやり活動を終えるって意味を示してるのではないでしょうか。 現に2期11話の海岸での「おしまいにします」及び劇場版での「μ'sを続けることは、ありません」等、あえて解散って言葉は使っていません。 現在のメンバーにとっては、皆で話し合って納得して活動を終了する、終了しても一生の友達・仲間で有りたいと思ってるので、解散とは言わなかったかと思います。 この事から、μ’sをスクールアイドルから商業アイドルとして活動を続け、色々な事が有り内部対立等が発生、楽しいだけじゃ続けられない事を知った穂乃果が、意見が纏まってないのに、活動を終了(解散)させてしまい、みんながバラバラに。 最後に楽しい思いをした思い出の場所で1人で歌い続けてる未来の自分が、過去の自分に同じ思いをさせたくないとの強い気持ちが、継続か終了かで悩んでる過去の自分に届いた結果、あのようなスピリチュアルな現象(奇跡)を引き起こしたかと思います。

  41. 名無し主義のラブライバー より:

    あれを未来のほのかとか見えない存在とか言ってる奴いるけどそしたらほのかは電車の中で一人で喋ってたってことになるぞ ただの痛いやつじゃねーかよ

    • 名無し主義のラブライバー より:

      穂乃果とバロ果が一緒に居た時、多分時空間おかしな事になってるから細かい事気にすんな

  42. 名無し主義のラブライバー より:

    英霊コウサカ説、嫌いじゃない。

  43. 匿名 より:

    スタンド攻撃の可能性

  44. 名無し主義のラブライバー より:

    確かに顔はそっくりだったけど、未来の穂乃果じゃない方がいいな 未来から来たなんて普通に考えておかしいし、ラブライブ!っぽくないから 普通に同じ境遇の穂乃果を見つけて助けてやりたくなった、と思いたい

  45. 匿名 より:

    女性シンガーの歌ってた曲 「As Time Goes By」 1931年の曲。 邦題は「時の過ぎ行くままに」

  46. 匿名 より:

    未来の穂乃果ってのはファンタジックすぎて受け入れられないから 穂乃果と同じような青春して、今でも歌うのをやめる気になれない女性シンガーと見た 飛べなかった女性シンガーと飛べた穂乃果の表現じゃないのかね あるいは単に、子供の頃耳に入ったあの歌声が、実はあの人だった とか

  47. 匿名 より:

    ラブライブにSFは似合わないけど、やっぱあのシンガーは未来の穂乃果に思えるよね だとしたら、あの穂乃果今までどんな体験をしてきたかが気になる所 あんま幸せそうに見えなかったらどこかで選択をミスしたのは間違いないように思えるし、何が失敗したのかが気になる

    • 匿名 より:

      俺には少なくとも楽しそうに歌ってるように見えたから不幸せには見えなかったな。

  48. 名無し主義のラブライバー より:

    未来から現代に来たほのかとかそんなぶっとんだ要素入れないでしょ ほのかちゃんのとある未来像としてって解釈ならわかるけど

  49. 匿名 より:

    最初会ったとき観客もいたし、幽霊とかではないはず。 2回目会ったのはほのかの幻覚だとおもうけど… でも間違いなく未来のほのかに似せてきてる。 ぶっちゃけ作ってるほうも人間か幽霊かまでは考えて作ってないと思うw

  50. 名無し主義のラブライバー より:

    他の人も考察してるように、初回は同じ境遇の名も無きシンガー 二回目は穂乃果の深層心理とのたいわ

  51. 名無し主義のラブライバー より:

    途中送信してもうた、すまん 深層心理との対話モデルとして彼女を出したんだろう さながら役割としては『案内役』 初回は道に迷った穂乃果をホテルまで案内させ、二回目は答えに迷った穂乃果を、あやふやなイメージから色々な人たちの思いを叶える答えに辿り着かせた 直感で生きる穂乃果らしいと思ったよ

  52. 名無し主義のラブライバー より:

    シンガーは実在していた人物で2回目の登場は穂乃果の夢の中の存在だと考えてる。 だが未来の穂乃果とも考えてる。 結局謎のままである…

  53. 名無し主義のラブライバー より:

    ラブライブのお話がもし『劇中劇』だとしたら?と考えてしまった。(マクロス的な) そうすれば、ミュージカル調の展開も筋が通るし、未来穂乃香が出てきても不思議じゃない。 伝説のスクールアイドル『μ's』の軌跡をドラマ化してみました。そんな感じ。 そうすると、サンシャインへの繋がりもこのドラマを見た子たちが感動してスクールアイドルへ・・・なんて、筋書きも見えるかなと というとんでも理論

    • 匿名 より:

      これはあるよね 1期1話からしてそうだし

  54. 名無し主義のラブライバー より:

    未来のほのかだと思った。理由はない(笑)

  55. 名無し主義のラブライバー より:

    1回目は普通のシンガーで 2回目は深層心理かなぁ? 2回目に会った後に穂乃果寝てたし。 2回目は夢なんじゃないかな

  56. 名無し主義のラブライバー より:

    ラブライブ!はファンタジーだと思っているけど、未来の穂乃果とは思いたくない。 解散後のメンバーで表現されているのが NYの街角で一人歌う穂乃果だけというのもね。どう分岐しても、そういう未来はあり得なさそうだけど。 昔の自分と同じ悩みを持った少女を励ます、謎のお姉さんで良いのでは。

  57. 匿名 より:

    わかりやすく言うなら、バーローさんはうちはオビト そして穂乃果がナルトって感じ

  58. 匿名 より:

    ボクは畑亜貴さんかもと思った。 現実とリンクしだすこの作品では 実在の関係者が出てきてもおかしくない。 素性もある程度一致してるみたいだ。 リンクが始まる前から登場するのがこの説の苦しいところ。

  59. 匿名 より:

    ピクルと烈が戦った時に出てきた完成形の幻覚みたいなもんだろ

  60. 名無し主義のラブライバー より:

    外国という環境やグループとしてのこれからの方向という過度のストレスによって見えた幻覚って線も・・・

  61. 名無し主義のラブライバー より:

    未来の穂乃花説をオカルティックだという人達がいるけど、何か忘れてやいないかい? あの街はニューヨークだよ? ニューヨークって言ったら見えざる者も時と場合によっては姿を現すのがニューヨークって相場が決まってるじゃない。 デミ・ムーアとパトリック・スウェイジ、あとウーピー・ゴールドバーグに聞いてごらんよ。 ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス、シガニー・ウィーバーなんかでもいいかもね。

  62. 匿名 より:

    ラブライブが矢立肇原作によるサンライズ本流アニメである以上、 高校卒業後に超能力バトル展開とかロボットアニメになったりして、 最終的に穂乃花が時空を彷徨う存在になったとしても、何ら不思議ではない。

    • 匿名 より:

      サンライズって怖い

  63. 名無し主義のラブライバー より:

    ニューヨークの幻ってやつ?だとしたらゴースト?

  64. 名無し主義のラブライバー より:

    あのシンガーは歳いくつ設定だろう? 仮に未来の穂乃果で、歳が30代から40代だとしたら、今からあと20年か30年そこらで過去に遡る技術が出来るということ? 同じような体験や似たような境遇をした人にたまたま出会うのは、現実世界でもよくあること。なのに、ただ道を示したら未来の人になるだとしたら、今の世の中どんだけ未来人が住んでるのか。 しかも、本人が話した内容は歌いたいからその道を進んできたというシンプルな内容。10代そこそこの穂乃果にはわからないことでも、普通の大人なら理解できている答えだと思う。あの女性はそれを伝えただけ。 完全に未来人説は中二がかってるし、そもそも、それなら新田恵海が声をあてないと自分は納得ができない。

  65. 名無し主義のラブライバー より:

    キモオタラブライバーたちのマジレスがキモすぎる件wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  66. 名無し主義のラブライバー より:

    ラブライバーでない方がラブライブ専用の掲示板に居て必死に他者を見下す件 wwwwwwwwwwwwwwwww

  67. アイカツおじさん(ではない) より:

    こういう荒らしに反応したりするあたり、やっぱライバーって態度悪いんだね。 どっかのニコ生でこのこと言っていた人居たわ。

  68. 名無し主義のラブライバー より:

    自分もあの人は未来の穂乃果に感じたけど、正直ここでオカルト要素は認めたくない。 穂乃果の白昼夢にしては雑談や観客がいたりしたのは違和感あるし、二回とも本当にいたと思う。 穂乃果は覚えてないけど昔歌を聞かせてくれた親戚のお姉さんなんじゃないかな。 いろいろあって疎遠になってるから家には行けなかったけど、お姉さんが歌にはまったきっかけは穂乃果の笑顔だったとかなら気になるのも分かるし、マイクも何か意味があってあげたんだと思う。

  69. 名無し主義のラブライバー より:

    穂乃果と似たような経験をした 別人だろ。髪の色違うし。 ラブライブってこんな要素ぶっ込んで くるような作品だっけと思って未来穂乃果 ではないと思った。 理由弱いけどな!

  70. 名無し主義のラブライバー より:

    未来の穂乃果が一人で歌ってるなんて悲しすぎるだろ…だから未来説は信じたくないな。

  71. 名無し主義のラブライバー より:

    髪がオレンジ 瞳は青 未来のほのかちゃんって思っちゃったけど、実際わかんないね 答えを出さないのも味なのか 昔ポケモンの映画で、水の都のやつ、最後のキスがカノンなのかラティアスなのかみたいなのあったな~って思い出した

  72. 名無し主義のラブライバー より:

    みんなすごい妄想力だな、俺の妄想ではあの女性シンガーは3期でAqoursとμ'sを何らかの形で繋げるキーキャラクターなんじゃないかなと思っているが。ラブライブは母親役等に大物声優を使っているから、多分3期でもそういう立ち位置になると思う。

    • 名無し主義のラブライバー より:

      3期か…あれば見たいような見たくないような…

  73. 名無し主義のラブライバー より:

    ラブライブの中ではマイクは歌う為の道具としては登場していなかった。 歌う直前にスピーチがある場面にしかマイクは出てこなかった。 それが劇場版では歌う為の道具として登場している所も何か意図があるのではないだろうか? あと女性シンガーが水溜りの向こう側では無く、手前に立っているのも意味深だな。 そろそろ劇場版の考察まとめも出て欲しい時期。

  74. 名無し主義のラブライバー より:

    謎の女性の声を聞いただけで 江戸川コナンおよびシンフォニアの ミトス・ユグドラシルの声だった!

  75. 名無し主義のラブライバー より:

    明らかに危険な階段からのジャンプ 歌もダンスもまだまだでそもそも曲を持ってないのにいきなり曲が始まり歌とダンスが出来てる時点でぶっ飛んでると思うのだが

  76. 名無し主義のラブライバー より:

    てか高山みなみさんってTWO-MIXだし、サンライズやるなぁ。ガンダムWのボーカルやし、しかもホワイトリフレクションでメンバーのアニメ映像化されてるからまたなんとも。TWO-MIXが全盛だったのは90年代、そして今のサンライズの全盛はラブライブ! 勝手な妄想だけど世代交代みたいな感じでガンダム好きにもラブライブ!にも素晴らしい感動できる映画でした!

  77. 匿名 より:

    ガンダムの中の人はアムロ 穂乃果の中の人はえみつん ラブライブはガンダム

  78. 匿名 より:

    1回目はこの人穂乃果ちゃんに似てるなー。目の色とか前髪とかー。未来穂乃果w(?)程度にしか思ってなかったけど、2回目でグループとは解散したとか言ってたからこのバーローは絶対未来穂乃果じゃんという結論に至る。個人的にはもっと深く掘り下げていきたいから3回目も見に行きたいと思う。

  79. 名無し主義のラブライバー より:

    この歌手の正体はμ'sの物語すべてを体現した「可能性」 μ'sの物語というのは「みんなで叶える物語」でありそれは5年間全く変わらない そしてアニメ1期の1話は可能性を感じさせる曲で始まっている なのでアニメを締めるには可能性に言及する必要がある 女性シンガーは物語に新たな可能性を生み出すために描かれた存在であると言えるだろう 人によって解釈が異なるのは「こういう物語であってほしい」という願望であり、みんながそれぞれの物語を描くことで「みんなで叶える物語」が実現するという訳である 暇があれば ぼららら、僕今、それ僕、僕光の関連性について調べてみると面白いよ

  80. 匿名 より:

    女性シンガーさんって、TOX2でいうヴィクトルみたいなもんかね もし留学騒動なかったり、2期11話のミューズをお終いにしなかったらこうなるのだろうか

  81. 名無し主義のラブライバー より:

    久しぶりに覗いてみたらまだちょくちょく書き込みがあってびっくりした マイクは、「声を届けるための力」なんじゃないかな NYに行って穂乃果たちが得たもので、女性シンガーも持っていた力。影響力のようなものでもあり、歌を愛する彼女たちにとっては自分の夢をかなえる力 マイクに関しての描写は、女性シンガー(観客の前で楽しそうに歌う)→穂乃果に預けたまま(誰も触れない・十字架の影)→帰国後一切映らない→ゆきあり訪問時の穂乃果の部屋(誰も触れない)→雨の中の女性シンガー(誰も観客がいなくても楽しそうに歌う)→答えを見つけた穂乃果の部屋って感じだったと思うんだけど、マイクを認識してるのは穂乃果とシンガーだけ 外国ではぐれていた穂乃果と再会した時にメンバーが一切触れないのは流石におかしいし、空港や秋葉の町や穂むらに帰ってきた時に1度も描写されないのも。穂乃果の部屋にゆきありが来た時一切触れなかったのもおかしいと思った 俺は、・穂乃果はNYで女性シンガー(観客からの拍手があるから実在)と出会い、電車の中かどっかで寝てしまい、寝ぼけてるうちにシンガーと会話、帰り道をメモかなんかで教えてもらってホテルへ帰る、海未の怒鳴りで覚醒し、振り向いても女性シンガーはいない ・マイクは穂乃果が受け取ったものの象徴として存在し、穂乃果以外には見えていない ・飛行機の中の「ずっと起きてたの?」「ううん、今起きたとこ」、空港の「はっ!まさか夢!?」「それは考えられるにゃー!」という会話で夢落ちの示唆と、空港~少なくとも?HBまでは現実であることを示し、その間マイクを一切描写しない ・A-RISEと会い、帰宅(犬鳴有)→雨が降り出し、メンバーそれぞれの考えている描写→川岸?の穂乃果以降は穂乃果の夢。ここにいるはずのない女性シンガーの歌が聴こえ、再会→女性シンガーを家に連れていって(犬鳴無)マイクを返そうとする穂乃果を止めて、女性シンガーは穂乃果の中にある答えに気づかせる→穂乃果起きて、「見つかったよ、答え」。@以後はマイクは一切登場しない、ってことじゃないかと思ってる

  82. 名無し主義のラブライぱー より:

    穂乃果はNYで彼女にあって、自分の「歌が好き」という気持ちに対する一つの答え(1人でも楽しそうに歌う女性シンガー)と、進むべき道のヒント(何のために歌うのか・ホテルへの道を含む)、「声を届けるための力」を持つことの重責(十字架)を受け取ったんじゃないかな。それらを象徴するのがマイク(ケース) 誰もマイクに触れないのは、穂乃果だけが「女性シンガーのマイク」という形で受け取っているから形として認識してるだけで、本来形ないものであるから、穂乃果以外の目には映ってないから 雪穂の「まだ始めたばかりなんだから」というセリフを聞いて「楽しくなさそう」な顔をしている穂乃果とマイクが映るカットがあったけど、あれは走り続けてきて「力」を得た故に「始まったばかり」の頃とは変わってしまった何かへの迷いの表現だったんじゃないかな 穂乃果は一度もマイクをケースから出してない(ケースの中身を知ってるような描写はあったからちょっと無理有?)。穂乃果は「声を届けるための力」を受け取ったけど、その形はまだ確定していない 答えを見つけて起きた穂乃果は、まずマイクを見て、次に携帯(3年生からのメール)をみて、マイクに背を向けて「見つかったよ、答え」といった。それ以降、1度もマイクは描写されてない 女性シンガーの「声を届ける力」は1本のマイク。それは1人の声しか届けない。それだって穂乃果に彼女との出会いを与えたように、誰かと繋がったり誰かを笑顔にしたりできる素晴らしいもので、多分女性シンガーのやりたいことを叶えてくれるもの でも穂乃果の見つけた「声を届ける力」の使い方は、みんなの声を届けること。それがスクールアイドルであり、µ’sであり、やりたいこと µ’sが答えを見つけた後は、マイクは登場しない。それは「声を届ける力」がマイクという形を失って新しい別の形になったから。その力はµ’sの声をみんなに届け、みんなの声を世界に響かせる力になった 我ながら妄想じみ過ぎてると思うし長すぎるしあまり細かい推敲はできてないから、いみわかんない文章かもしれないけど、俺はこう考えたら納得いった

  83. 匿名 より:

    上の方が書かれていることに納得してしまいました。 重責(十字架)のところが特に思いました。 みんなとホテルの前で再会し、穂乃果がホテルに入っていく時の影が 十字架に見えていたので何か意図がありそうと思ってました。

  84. 匿名 より:

    1回目に女性シンガーと出会う穂乃果がエリチのそっくりさんとぶつかりそうになってるが、あれも何か意図あるのかな

  85. 匿名 より:

    えみつんが演技したあとそれを見てコナン君が演技したそうですね

  86. 名無し主義のラブライバー より:

    2回目見てきた。 女性シンガーがあの頃のように飛べる、ってなんで知ってんだろうな。 みたいなしこりが残った。

  87. 匿名 より:

    正体はえみつんだろ 映画撮影の前に解散することあらかじめ決まってたみたいだし

  88. 名無しのライバー より:

    て す と テ ス ト t e s t

  89. 名無しのラブライバー より:

    未来人なんだとすればいきなりSF作品にするとか頭おかC

  90. 匿名 より:

     ここまで来てTwo-Mixの片割れ説無しかよ。

  91. 匿名 より:

    ずばり音楽と芸術の女神「ミューズ」の一神ではないでしょうか。いきなりファンタジーすぎますけど。 神様だと考えればほのかの過去を知っていたり忽然と姿を消したり姿がうつらないといった超常現象にも納得?がいきます。 ほのかと性格や話し方ががよく似ているのは偶然で、 だからこそほのかだけに見えたのかもしれません。 お互い気づいていないだけで実は他のメンバーも自分によく似た「ミューズ」にそれぞれ出会っているのかもしれません。

コメントする

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加