>

> 【ラブライブ】【SS】「深夜にこにー」

【ラブライブ】【SS】「深夜にこにー」(20:30)

20 votes, average: 4.50 out of 520 votes, average: 4.50 out of 520 votes, average: 4.50 out of 520 votes, average: 4.50 out of 520 votes, average: 4.50 out of 5 90点(20)(90点)
このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 2015/01/21(水) 21:24:02.41 ID:
mesiya (17)

1日が終わって、
みんながおうちへと急ぐ頃、
にこの1日は始まるの。

mesiya (16)


メニューはこれだけ。
・にこにー定食   252円
・にっこにっこにー 600円
・にっこにー    500円
・ラブにこ☆    450円

☆にこにーは一人3回までニコ♪

あとは勝手に注文してくれれば、
できるものなら作ってあげるってのが
にこの営業方針なの。

営業時間は
夕方5時から夜10時頃まで。
みんな
「深夜にこにー」
なんて言ってるわね。

mesiya (1)

深夜じゃないじゃないかって?
夜更かししてたら
お肌が荒れちゃうじゃない!

だ・か・ら・アイドルにとっては
十分深夜なの。
それにお客さんだって
結構来るのよ。

mesiya (5)
2 : 2015/01/21(水) 21:25:22.37 ID:
あと30分で
閉まっちゃうじゃん!
3 : 2015/01/21(水) 21:25:34.59 ID:
にこにー3つ
4 : 2015/01/21(水) 21:25:37.91 ID:
――
――――
――――――
ガラッ


「こんばんはー。
相変わらず誰もいないね!」


「失礼ね!いるわよ!
さっきまで満員だったわよ!」

この子は凛。近くの
小学校で先生をやってるの。



「あー、つっかれたにゃあ~…」

先生先生なんて言って
持ち上げられてもやっぱり
ストレスが溜まる仕事みたいね。

よくこの辺で飲んでは
最後ににこのお店にやってくるわ。



「ラーメンひとつ!」

それで、いっつもこれ。



「はいはい。
サッポロ?
チャルメラ?
チキンラーメン?」


「チャルメラ!醤油ね!」
5 : 2015/01/21(水) 21:26:41.64 ID:
にこにー定食と
ラブにこ☆を一つ
6 : 2015/01/21(水) 21:29:06.94 ID:
お持ち帰りできますか?
7 : 2015/01/21(水) 21:29:41.06 ID:
…なによ。文句あんの?
うちはラーメン屋じゃないの。
ラーメンって言ったらコレよ。

最近のは結構おいしいのよ。
…せめて生麺にしろって?
日持ちしないし高いじゃない!


ガラガラ


「――はあ・・・はあ・・・
凛ちゃん・・・早いよぉ~。」

今入って来たこの子は花陽。
凛の昔からの親友ね。
暇さえあればこうして
つるんでるわ。


「いらっしゃい。
おにぎりでいいの?」


「こんばんは、にこちゃん。
たらこんぶと梅干しでお願いします!」

この子もよく食べるわよね。
手を少し濡らして塩を振る。

ぴんと立ったお米を手にとって
硬すぎないように、口の中で
ほどけるようにそっと握る。

花陽は海苔が好きだから
ぐるぐるまきにしてあげる。

すみっこにお新香をひとつまみ。
これはサービスね。
梅干しは花陽が実家から
もらってきた特製よ。
8 : 2015/01/21(水) 21:35:06.03 ID:

「はいお待たせ。
凛のもすぐにできるわよ。」


「ありがとにこちゃん。」

お湯で温めておいた丼にスープの
元を入れる。
出汁で溶くのがにこにー流☆

食欲をそそるいい香りがする。
あとは煮立った小鍋から麺をあげて…

はい!
にこにー特製ラーメン出来上がり!

mesiya (15)

「うわ~、これこれ!
やっぱコレだよね!」


「凛ちゃん…
いっつも思うんだけど…
何も具をいれないでいいの?」


「いいのいいの!
このジャンクな感じの味が
『夜食!』って感じが
していいんだよね~!」

ズルズルと派手に音を
たてて凛が麺をすする。

花陽もそれを見ておにぎり
をはむはむと食べ始める。


「うん。おいしいよ
にこちゃん。お米変えた?」

「さすがね。ちょっと
安かったからね。
ゆめぴりかにしてみたの。」

mesiya (14)
9 : 2015/01/21(水) 21:41:16.44 ID:
ガラッ


「――こんばんは。
よろしいでしょうか?
……あら、凛、花陽。」


「あっ!海未ちゃんだにゃ!」


「むぐっ…こ、こんばんは…」

このいかにも大和撫子な
感じの子は海未。
日本舞踊の先生なんだって。


「久しぶりね海未。
にっこにーにする?」


「はい、今日は冷えるので
熱くしてお願いします。」


「はーい!アツアツにっこにー
入るにこ~!はい!
にっこにっこにー!」


「にっこにっこにー!」


「にっこにっこにー!」


「に…にっこにこ……にー…///」


「もう!海未!恥ずかしがってちゃ
ダメでしょ!かわいく言わないと
にっこにー出してあげないわよ!」
10 : 2015/01/21(水) 21:49:14.37 ID:

「――凛、またラーメンですか?」


「も~、ほっといてにゃ!
凛はこれが好きなの!」


「お酒を飲んだ後にそんなもの…
体によくありません。
ほら、野菜もきちんととりなさい。」


「え~っ!いらないよぉ~…」

そういって海未は自分の
法蓮草のおひたしを少し
凛のラーメンに入れてあげる。



「まったく…昔とちっとも
変わってないにゃ…
おせっかいばっかり。」


「ふふ、そういうあなたも
昔とちっとも変わりませんね。」



「ズルズル…あっ、美味しい!…
ねえねえ、
合宿の時みたいだね!」


「合宿?」


「ほら、『山頂アタックです!』
って海未ちゃんが!」


「ああ…懐かしいですね。
あの時も希が食べられる
野草をとってきて…」


「うん!凛のラーメンに
入れてくれたよね!…
ちょっと苦かったけど…」


「そうでしたね、…
実は私も苦いと思って
いたんですよ。」


「えっ?そうだったの?」
11 : 2015/01/21(水) 21:53:04.88 ID:
この二人、学生時代の
先輩後輩らしくてね。

ここで顔を合わせると
いつも海未が凛におかずを
あげて、思い出話を始めるの。

それを横で花陽が
にこにこしながら聞いて…

本当、仲の良い姉妹って
感じだったわ。
12 : 2015/01/21(水) 21:59:24.45 ID:
それがある日――

ガラガラ!


「にこちゃん!
にこにーちょうだい!」

にこ
「な、何よ急に!」


「いいから!ほら!
やればいいんでしょ!
にっこにっこにー!
にっこにっこにー!」

にこ
「わかったわよ!
ちょっと待ってなさいよね…」

にこ
「…はいお待たせ。」


「んっ…んっ……ぷはー!」

花陽
「り、凛ちゃん!
そんな一気に飲んじゃ
ダメだよ!」


「いいでしょ別に!
そういう時もあるの!…
おかわり!」

にこ
「…3回までだからね。
…何があったのよ?」


「ふんだ!にこちゃんには
関係ないでしょ!」

花陽
「あ、あのね…海未ちゃんが…
その…男の人と歩いてて…」

にこ
「はあ?」
13 : 2015/01/21(水) 22:11:27.03 ID:

「いいよかよちん!
海未ちゃんなんて…
海未ちゃんなんて…」グイッ

花陽
「凛ちゃん…」

へえ、あの子がねえ…


海未
「――こんばんは。」

にこ
「げっ!」

海未
「な、なんですか!
お客に向かって!」

にこ
「あ、ああ、ごめんね。
いらっしゃい。」

海未
「はい、熱いのを
お願いします…凛?」


「…」

海未
「凛?どうしたんです?
こっちを向いてください!」


「…誰?」

海未
「はい?」


「今日一緒歩いてた
男の人、誰なの?」

海未
「えっ…あ、あの…
見られて、いたのですか。」
14 : 2015/01/21(水) 22:16:39.24 ID:
酒のことだったのか
15 : 2015/01/21(水) 22:21:50.96 ID:

「彼氏?」

海未
「か、彼氏だなんて!
そんな…」


「じゃあ何?海未ちゃんが
男の人と一緒なんて珍しいよね?」

海未
「う…その…」

花陽
「海未ちゃん、凛ちゃんさっき
からずっとこうなの…
どうしても話せないなら
仕方ないけど…もしよかったら…」

海未
「…わかりました。
いつかはお話しようと
思っていたことですから。」


…一緒に居た男ってのは
海未の婚約者だったみたい。

って言ってもほとんど親同士が
決めた話らしくて、会ったのも
今日で2回目だったみたい。

ふーん…日本舞踊の家元
なんかに生まれると
めんどくさいことがたくさん
あるのね。

にこはぁ~永遠のアイドルだから、
ずぅ~っと、みんなのものだよ☆



海未
「――と、いうわけなのです。
わかっていただけましたか?」


「…なにそれ。」

海未
「凛?」


「それって、
結婚するってことでしょ!
なんでそんな大事なこと
凛に黙ってたの?」
16 : 2015/01/21(水) 22:25:20.46 ID:
安いのか高いのか
わからないや
17 : 2015/01/21(水) 22:48:16.98 ID:
海未
「それは…その…」


「もういいよ!海未ちゃんなんて
友達でもなんでもないから!」

花陽
「お、落ち着いて…」

海未
「凛!」

ドンッ

にこ
「はいっ!アツアツ
にこにーお待たせ!」

海未
「…どうも…」


「…」

海未
「…凛?ほら、
一緒に飲みませんか?」


「いらない。」

海未
「あ、じゃあ何かおつまみを
いただきましょうか!にこ、
今日のおすすめは何ですか?」


「いらない。」

海未
「で、でも、お酒だけでは
体に良くないですから…」


「ほっといて!大体海未ちゃんは
凛の何なの?凛のお姉ちゃん
でもないくせにお節介なんだにゃ!」


…あーあ。言っちゃった。
18 : 2015/01/21(水) 22:56:46.27 ID:
――それから、あれだけ仲の
良かった二人なのに知らん顔
になっちゃったわね。

っていっても凛が一方的に
怒っているだけなんだけど。

子どもよね、まったく。


それからしばらくした
雪の降る晩の事。

にこ
「うわっ…つもってきたじゃない…
もうお客さん来ないわね…」


「もともと来ないにゃ!」

にこ
「うっさいわね!」


街の喧騒も降る雪に吸い
込まれて届かない
静かな、静かな夜。

カウンターしか無い小さな店
にいるのはにこと凛と花陽だ
けだったわ。

もう今日はこれでおしまいかしらね。
そう、思った時、急に扉が開いたの。



海未
「――こんばんは。」
19 : 2015/01/21(水) 23:00:36.42 ID:
花陽
「あっ、海未ちゃん…こんばんは。
…凛ちゃん、海未ちゃんだよ?」


「…」

海未
「こんばんは、花陽、凛。
……凛。またラーメンですか?」


「…関係ないでしょ。」

海未
「…」

あーあ、にこほどじゃないけど、
そこそこ可愛い顔が台無しじゃないの。

にこ
「…なんにするの?」

海未
「あ、ごめんなさい。熱いのを。」

にこ
「はいはい、にっこにっこにー。」


にこ
「――はいお待たせ。」

海未
「ありがとうございます。」

にこ
「で?どうなのよ、その後。」

凛がにこの背中側の
カウンターで
聞き耳を立てるのがわかる。


海未
「あ、はい――来週、
結納することになりまして――」
20 : 2015/01/21(水) 23:05:29.33 ID:

「…っ!」

花陽
「ピャアッ!?」


にこ
「へえ、よかったじゃないの。
おめでとう。
…にしては浮かない顔ね。」

海未
「そう、見えますか?」

にこ
「まあね。少なくともこれから
新婚さんになる幸せいっぱいの
女の子の顔には見えないわよ。」

海未
「――幸せいっぱいの
新婚さん。ですか。」

海未
「そんなものを無邪気に
信じていられたら――
どんなによかったか。」

にこ
「?」

海未
「他に恋人がいるんです。
あの人。」

花陽
「エエ゛ッ!?」



にこ
「…」

海未
「…」

花陽
「…」
21 : 2015/01/21(水) 23:15:50.68 ID:
海未
「政略結婚…というほど
大げさなものでもないですけど
…まあ、つまりはそういうことです。」

にこ
「…」

海未
「おかしい、ですよね。
今どき手もつないだことがない男
女が結婚するなんて。」

にこ
「拒否すればいいじゃないの。
今どきナンセンスよ。」

海未
「…今まで父母には散々迷惑を
かけましたし…これで、いいんです。」

海未
「奥手な私には恋愛なんてどの道…」


それから、海未はアツアツ
にこにーを一息に飲み干してから
立ち上がって言ったの。

こんな時でも背筋をピンと
伸ばして堂々とした態度なのは
さすがよね。


海未
「凛!そういうわけです。
黙っていたこと…ごめんなさい。」

海未
「不思議ですよね。あなたと
話さなくなってから余計にあなたの
心配ばかりして…
凛のことばかり考えてしまって…」

海未
「小さな頃から人の
心配ばかりしてきましたから…
性分なんでしょうね。きっと。」

海未
「でも、もうお節介もおしまいです。
こんな私じゃ、凛に偉そうに
お説教なんてできませんものね。」

海未
「凛、あなたは本当に自分の
したいことをしてくださいね――
ありがとう。それじゃ。」



…海未が出て行った引き戸
から小さな雪が舞い込んできたわ。
…外は寒いでしょうに。
22 : 2015/01/21(水) 23:21:22.81 ID:

「…凛ね…本当はちゃんと
具が乗ったラーメンが好きだった。」

花陽
「凛ちゃん…?」


「ナルトやチャーシューや、
海苔とか、メンマとか…
そういうのがのってるの…」


「でもね、わざとここではこの
かけラーメンを食べてた…
だって…」




「だって…そうすれば…
海未ちゃんが凛におかずを
分けてくれるから…」




「あの時っ…ヒグッ…
みたっ、みたいにっ…
合宿っ、のっ、時っ、
みたいにっ…」





「海未ちゃんと…一緒だった時のことっ…
楽しかった時のことっ、
お、思いだせっ、だせるからぁっ…」




…知ってたわよ。
バカ凛。
23 : 2015/01/21(水) 23:24:54.67 ID:
花陽
「――凛ちゃん!何やってるの!」


突然、花陽がカウンター
を叩いて立ち上がった。

…薄いからそんなに
強く叩かないで欲しいんだけどなあ。


花陽
「追いかけて!早く!」


「で、でも…」

花陽
「いいから!行って!
凛ちゃんなら追いつけるよ!」


「…」

花陽
「お願い…行って…
凛ちゃん…はやくっ!」


「かよちん・・・」

花陽
「でないと…ずっと、
このままだよ?いいの?」
24 : 2015/01/21(水) 23:28:18.22 ID:
にこ
「…これ、あの子が忘れてったわよ。
…届けて欲しいんでしょうね。」

嘘。これはにこの私物。


「…」

にこ
「さっさと行きなさいよ。
そんな顔してたらお客さん
来なくなるじゃない。」

花陽
「凛ちゃん…」




「…かよちん…にこちゃん…
ごめん!」



そう言って凛は飛び出していった。

…せめてコートぐらい
羽織っていけばいいのに。

ま、いいでしょ。
二人でいれば温かいわよね、
きっと。
25 : 2015/01/21(水) 23:32:52.97 ID:
――

――――

――――――

にこ
「よかったの?チ
ャンスだったのに。」

花陽
「エヘヘ…いいの。凛ちゃんが
泣いてるほうが花陽は辛いから。」

にこ
「そ。まあ、別にいいわ。
アンタがいいならね。」

花陽
「ねえにこちゃん…
花陽にもにこにー、
もらえるかなぁ?」

にこ
「…アンタ飲めないじゃないの。」

花陽
「うん…でも、
ね…お願い…グスッ…」

にこ
「…」

花陽
「…にこちゃん…?」


ビリッ ☆にこにーは
一人3回までニコ♪


花陽
「…!」


にこ
「今日はもう店じまいにしましょ。
どうせこの雪じゃ
誰も来ないわよ。」
26 : 2015/01/21(水) 23:36:33.86 ID:
にこ
「今日は特別。
にこも付き合うから、
好きなだけにこにー
していいわよ。
ほら、にっこにっこにー!」

花陽
「うん…うん…ありがと…
にこちゃん…
にっこにっこにー…」

にこ
「何よ、元気ないじゃないの。
ほら、もう一回。」

花陽
「うん…うん…!
にっこにっこにー・・・・
にっこ…にっこにー…」

花陽
「ぐすっ…ふぇ…楽しいね…
楽、しいね…うっ…うぅ…」

――――――

―――

――



おしまい



mesiya (13)
27 : 2015/01/21(水) 23:37:15.26 ID:
第一夜 
「ラーメン」おしまい 

第二夜 
「焼肉定食」に続く
28 : 2015/01/21(水) 23:37:51.17 ID:
細かいことは気にしたら
ダメだぞ。
深夜食堂はやっぱり
マイナーなのか…
31 : 2015/01/22(木) 00:27:28.02 ID:
腹減ってきた
にこにー定食ひとつ
33 : 2015/01/22(木) 01:18:17.09 ID:
飯テロ
38 : 2015/01/22(木) 09:01:49.18 ID:
漫画は知らんけど
ドラマはみてたな深夜食堂
39 : 2015/01/22(木) 11:01:45.80 ID:
元ネタ知らんけどおもろい
41 : 2015/01/22(木) 18:22:30.90 ID:

にこちゃんがいるなら
カップ麺でも1000円出すぞ
43 : 2015/01/23(金) 00:17:15.08 ID:
1日が終わって、
みんながおうちへと急ぐ頃、
にこの1日は始まるの。

メニューはこれだけ。
・にこにー定食   252円
・にっこにっこにー(ビール) 600円
・にっこにー(お酒)      500円
・ラブにこ☆(焼酎)      450円

☆にこにーは一人3回までニコ♪


あとは勝手に注文してくれれば、
できるものなら作って
あげるってのがにこの
営業方針なの。

営業時間は夕方5時から
夜10時頃まで。みんな
「深夜にこにー」
なんて言ってるわね。

深夜じゃないじゃないかって?
夜更かししてたら
お肌が荒れちゃうじゃない!

だ・か・ら・アイドルにとっては
十分深夜なの。
それにお客さんだって
結構来るのよ?
44 : 2015/01/23(金) 00:17:38.13 ID:
第2夜 
「焼肉定食」
45 : 2015/01/23(金) 00:25:31.77 ID:

「こんばんは~、今、ええ?」

にこ
「こんばんは、希。もう上がり?」

『音の木坂のスピリチュアル・マザー』
って言ったらちょっとした
有名人でね、最近じゃ
テレビにも出ているわ。



「ううん。お客さんが
一段落したから一休みや。
いつもの頼むわ。」

にこ
「はーい。ちょっと待っててニコ☆」


いつもの、っていうのは
焼肉定食のことね。

mesiya (12)

醤油ベースのタレにい~っぱい
摩り下ろしたりんごを入れた、
特製にこにーソースが決め手なの。

これを熱々のフライパンに
ごま油をひいて焼き付けるニコ♪

ジュワ~っとごま油のいい香りが
にこの小さなお店に漂ってくる。

これにキャベツの千切りとトマトを
添えて、にこにー特製の豚汁に
ライスをつけて完成!

キャベツには和風ドレッシングと
マヨネーズを半々でかけるニコ♪
46 : 2015/01/23(金) 00:28:22.63 ID:
腹が減るにこっ!!
47 : 2015/01/23(金) 00:33:24.97 ID:

「あんがとな~。
いただきます。」

端っこの少し焦げた
お肉をホカホカの
ご飯に乗っけて一口。


「うん、今日もおいしい。
さすがにこっちやんな。」

それから豚汁を一口。
味を確かめてから七味を振って
もう一啜り。

キャベツをわしっとつかんで
口に押し込む。少し味が濃い
ぐらいでもちょうどいいわね。

お新香で口直ししたらまた
香ばしく焼けた肉を一切れ。


希は本当に美味しそうに食べる。


にこ
「…相変わらずいい食べっぷりねえ。
よくこの時間にそんなもの
食べられるわ。」


「ええやん。
座ってるだけやけどな、これはこれで
結構辛い仕事やねんで?」


「せやからしっかりパワーつけんとな。
この後も予約た~くさん
入ってるんやから♪」

にこ
「そうだと思ってにんにくは
抜いてあるわよ。
…ま、太らない程度にしなさいよね?」


「ありがとな。
…にこっちはもうちょっと
食べたほうがええんちゃう?」

にこ
「うっさいわね!」
48 : 2015/01/23(金) 00:39:11.33 ID:
――ふと、表の路地を
誰かが歩く音がする。

にこ
「希。」


「うん。」

そういうと希は素早く
紫色のフードをかぶる。

商売柄、イメージダウンを
避けるためらしいわ。

確かに、神秘的な占い師が
大口開けて焼き肉頬張ってたんじゃ
サマにならないものね。





「――う~っ…寒いわね…
ロシア並だわ…」

にこ
「いらっしゃい。
随分ご無沙汰だったじゃないの。
絵里。」

入ってきたのはこの近くで
バレエ教室を開いてる絵里だったわ。



絵里
「ちょっと、ここんとこコンクールで
遠征してたりしてね…
ウオッカちょうだい?」

にこ
「…わざと言ってんの?」
49 : 2015/01/23(金) 00:46:12.46 ID:
絵里
「ごめんごめん。
ビールでいいわよ。
はい、にっこにっこにー♪」

にこ
「…アンタ、酔ってんの?…ったく…」

プシュ、という小気味良い音を
させて褐色の瓶の栓を抜く。

にこ
「はいどうぞ。」 トットット

絵里
「スパシーバ、にこ。」

一杯目は注いであげるの。
宇宙ナンバーワンアイドルに
お酌してもらえるなんて
素晴らしすぎるサービスだと思わない?



絵里
「…はあ…」

またため息ついてる。
…ってことは色々うまくいって
ないってことね。

ま、にこも無理には聞かないけど。
そんなに弱い子じゃないし。


絵里
「…ん?」


「…」

絵里
「…ひょっとして、
スピリチュアル・マザー?」
50 : 2015/01/23(金) 00:50:48.46 ID:

「…っ」ビクッ

絵里
「やっぱり!テレビで
見たことあるのよ!」


「あ、ああ…どうも。
ありがとうございます。」

絵里
「…?焼き肉?おいしそうね!
にこ!私にも焼き肉ちょうだい!
ご飯はいらないわよ!」

にこ
「…はいはい。」

あーあ、つかまっちゃった。

普段はクールな子なのに…
お酒が入ってるとダメなのよねえ…
51 : 2015/01/23(金) 00:57:05.07 ID:
絵里
「――それでね?
みんなどんどんやめてっちゃってね?」


「あ、あはは…大変ですね…」

絵里
「もぉ~、どうすればいいのよ!
エリチカ一生懸命教えてるのに!」


「…変わってへんなあ。」ボソ

絵里
「え?」


「ううん、なんでもないですよ。
…それより、教室の玄関に
大きなぬいぐるみが飾ってある
でしょう?」

絵里
「え?ああ、ああ!
確かにあるわ!」


「そのぬいぐるみが運気の
流れを妨げていますね。
寝室に移すことをおすすめしますよ。」

絵里
「…すごい。…すごい!すごいわ!
そんなことまでわかっちゃうのね!」


「…それから。教室の生徒さん達は
プロになろうと考えてるわけではない
のですから、もう少し優しく…」

絵里
「…ふんふん。」



にこ
「…」
52 : 2015/01/23(金) 01:03:20.38 ID:
それからしばらくして。

ガラッ

絵里
「にこ!スピリチュアルマザーいる?」

にこ
「ああ、うん…」

カウンターの隅を目で見やる。

絵里
「ハラショー!あなたの言うとおりに
したら教室の生徒が
すっごく増えたのよ!」


「あ、ああ…よかった、ですね…」

絵里
「お礼に今日はごちそうさせて!
にこ!焼き肉定食!ビールもね!」

にこ
「…はいはい。」




ま、案の定その後
二人は意気投合。

絵里はちょくちょくうちの店に来て
希のアドバイスを聞くようになったわ。
53 : 2015/01/23(金) 01:12:33.19 ID:
絵里
「…それじゃ、かんぱーい☆」


「乾杯!」

最近、絵里のバレエ教室は絶好調。
おまけに絵里自身
も調子いいみたいね。



絵里
「…と、いうわけでぇ~…エリチカから
みんなに重大発表がありまーす!」

またこの子は…
いい感じに酔っ払ってるわね。

絵里
「実はぁ~…ジャァ~ン!
ロシアのバレエ学校に招待
されちゃいましたぁ~!」

そういってなんだかよくわからない
字で書かれた手紙を懐から取り出したわ。


ま、要約すると最近の絵里の活躍が
認められて本場から声がかかった、
ってことみたいね。

教室は続けるけど拠点は
ロシアに移すみたい。
54 : 2015/01/23(金) 01:23:39.54 ID:
絵里
「…どう思う?私にとっても
すごくいい話なんだけど。」


「え?」

絵里
「あなたに聞いてるのよ?
ね、ね、どうすればいいと思う?」


「え…え…」

絵里
「ねえ、お願い!どう?」


「…」

絵里
「?」


「…やっぱり、一緒に来てくれとは
言ってくれないんやね。」

ゆっくりと紫のフードをとる希。

…絵里の顔色が
みるみる変わっていったわ。



絵里
「…希…」
55 : 2015/01/23(金) 01:37:23.65 ID:

「…ごめんな。
うちにもわからへんよ。
どうするのがええか、なんて。」

絵里
「え、嘘…なんで…?」


「なんて、うちも言えた
義理やないけどな。」

そう言って希はお財布から
一枚のチケットを出したわ。

端がボロボロに擦り切れた
航空券…行き先は…モスクワ。





「…あの時…やっぱ追いかけられへん
かったんよ。ごめんな。エリチ。」

絵里
「…あ…」


「ホンマは行かないで、
って言いたいけど…
そうもいかへんよね。」

絵里
「…え…え…」


ガラッ


――迷子になった子ども
みたいな顔して、
絵里は出て行ったわ。
56 : 2015/01/23(金) 01:46:47.64 ID:
にこ
「…」


「…」

にこ
「どうすんの?
…とりあえず
…焼き肉でも食べる?」


「…ううん。やめとく。
…おうどんさん。くれる?」

にこ
「…そ。」
57 : 2015/01/23(金) 02:09:32.52 ID:
それからね、スピリチュアル・マザーも
テレビに出なくなって…
焼肉定食も出なくなったわ。


絵里
「…昔ね。一緒に暮らしてたの。」

久しぶりに顔を見せたと思ったら、
相当やつれていた絵里が
聞いてもいない昔語りを始めたの。

絵里
「楽しかったわ…先のことなんて
わからなくても、占いなんてなくても…
明日にはわけもない希望があった。」


絵里
「いつからかしらね…
臆病になって…怖くなって…」

絵里
「一緒に来て欲しかった…
ただそれだけ…そしたら…きっと…」

にこ
「…」


何もかける言葉が見つからないまま、
にこはフライパンを磨いていたの。

絵里
「…う…うぅ…」

にこ
「…」

絵里
「…うう…」

にこ
「…・絵里?」

絵里
「…おな、かいたい…」
58 : 2015/01/23(金) 02:12:38.71 ID:
――言っとくけど、にこの出した
焼き肉が生焼けだったわけじゃないわよ。

あの子、ろくに食べてなかったみたい。

そんなところに焼き肉
なんて食べたら、そりゃ、ねえ…
59 : 2015/01/23(金) 02:18:45.32 ID:

「――はい、エリチ。
ちゃんとふーふーせなあかんよ?」

絵里
「もう…わかってるわよ。」


「だ~め。エリチはうちがいないと
すぐに無理するんやから、な?」

絵里
「もう、希ったら…」

キャッキャッ


――ま、結局納まる
ところに納まるわけよね。




「にこっち~♪
うちには焼き肉定食な~?」

絵里
「希!私も食べたい!」


「エリチはまだ
おうどんさんな?」



にこ
「はあ…」

mesiya (11)


第2夜 終わり

第3夜 サンドイッチ
63 : 2015/01/23(金) 07:06:05.25 ID:
来てた
この雰囲気最高だ
次も楽しみにしてます
65 : 2015/01/23(金) 21:34:25.12 ID:
生きる希望
66 : 2015/01/23(金) 22:27:27.24 ID:
振り回される
パイセン可愛い
67 : 2015/01/24(土) 21:47:29.15 ID:
第3夜 サンドイッチ
68 : 2015/01/24(土) 21:54:42.27 ID:
――

――――

――――――


「マスター、冷奴ちょうだい!」


「マスター!ビールおかわり!」

にこ
「その『マスター』っていうのや
めなさいよ!…じゃなくって、
『にこにー♪』だよ?」

驚いた?前にも言ったけど
結構お客さんは来るのよ。

女の子だけじゃなくて
男のお客さんもね。

ま、こ~んなかわいいにこにーが
やってるお店なんだもん!
当然よね~?


「ママ!肉じゃがちょうだい!」


「ママ、カラオケ!」

にこ
「うちにはないわよ!
それにママじゃないし!
…な、ないニコ~っ☆」

今日もにこは大人気。
まさにこのお店の、う
うんこの街の、いいえ、
この宇宙のアイドルよねぇ?



ガラッ

ことり
「――にこちゃん、
こんばんはぁ~っ♪」
69 : 2015/01/24(土) 22:01:03.09 ID:

「…!」


「おい…」


「すげぇ…」


うわ…この子が入ってくると
店の雰囲気が一気に変わるのよね…

ことり
「ブルブル…寒いねぇ?
…あっ、ごめんなさぁ~いっ。」


「あ、いや…」

…これよ。男どもが一気に
色めき立つの。
ソワソワっていうか、
ギラギラっていうか…
とにかくいやな感じよね。

こぉ~んなに可愛いにこにー
がいるっていうのに?

ま、仕方ないわよね。
にこにーはみんなのアイドル。
どんなに恋い焦がれても
手の届かない存在。

ことりはにこほどじゃないにしても!
…まあ可愛いし。
スタイルもそこそこ…いいし。

それにあの声よね。
あのとろけるような声を耳元で
ささやかれたら…そりゃ、ねえ…

百歩譲って、いいえ、
一万歩譲って!
わからなくもないかも?
70 : 2015/01/24(土) 22:09:04.03 ID:
にこ
「いらっしゃい。なんにするの?」

ことり
「う~んとね、ことり、
何か甘いのが飲みたいなあ?」

にこ
「…うちにはあれしか
飲み物無いんだけど…」

ことり
「えぇ~…でも…ビールとか、
ことりには苦くって飲めないし…」


「いいじゃんママ!
なんなら俺が買ってこようか?」


「お、俺が行くよ!」


「いや俺が俺が!」


にこ
(―外野うっさいわよ!)

ことり
「おねがぁい…」ウルウル

にこ
「はあ…しょうがないわねぇ~…」

ことり
「やったぁ☆ありがと、にこちゃん。」

流しの下からにこ特製の
梅酒を取り出す。
いい感じでつかってるから
こっそり飲んでたんだけどなあ…

ソーダで割ってクルクルクル。

にこ
「はい、どうぞ。」

ことり
「わぁ~、いただきまぁす!」
71 : 2015/01/24(土) 22:14:29.52 ID:
グラスを両手で受け取ると
ストローにそっと口をつけることり。

それから、ゆっくりと唇を離して、
髪をかきあげながら
「ふう…」と小さくため息。

ああ、もう…
そういうことするから…


「…」


「…」


ったくこの男どもは…

にこ
「…今日は一人なの?」

ことり
「ううん!もうすぐ
穂乃果ちゃんも来るから!」

にこ
「ああ、そうなの…」

ってことはまた『アレ』が
始まるわけね…やれやれ…
72 : 2015/01/24(土) 22:25:11.76 ID:
ことり
「――それでね?ことり、
またフラレちゃったの…。」
ベソベソ

穂乃果
「そっか…でも大丈夫だよ!
ことりちゃんすっごく可愛いん
だからきっといい人が見つかるよ!」

ことり
「本当?えへへ…穂乃果ちゃん
にそう言ってもらえると嬉しいな♪」
ギュ

ことり
「はい、穂乃果ちゃんも飲んで飲んで♪」

穂乃果
「あ、ごめんね…穂乃果、
明日も朝から仕込みだから…」

ことり
「あ、そっか…穂乃果ちゃん
頑張ってるんだね。」

穂乃果
「うん!大変な事もあるけど
毎日成長してる!
って実感できるよ!」

ことり
「夢に向かって進んでいる人って素敵!
…ことり、そういう人のお嫁さん
になりたいなあ…」

ことり
「たとえばぁ…お菓子の
職人さんとか?」

穂乃果
「パティシエかぁ~、
ことりちゃんに似合ってるかも!」

ことり
「う~ん…そうじゃなくて、
もっと和風な感じの…」




にこ
「…はい、穂乃果。
…サンドイッチできたわよ。」

穂乃果
「わっ!待ってました!
ありがとねにこちゃん!」
73 : 2015/01/24(土) 22:31:16.96 ID:
…これが大体2ヶ月に1回くらいの
ペースであるのよね…
本当に勘弁してほしいわ…

ことりの名誉の為に言っておくけどね。
彼氏にフラれたっていうの、
全部ウソだから。

ここで男の人に声かけられる
度にうまくかわしてるわよ。

中にはちょっとした芸能人やモデル、
社長なんかもいるのにね、
もったいな…ってどうでもいいわね。

ま、見ての通り穂乃果一筋だから
男の手も握ったことがないわ。


その点にこはぁ~、お店でCDを
買ってくれた人には握手会を
開いてるニコ♪

え?売れてるのかって?

…話を戻すわね。
74 : 2015/01/24(土) 22:45:55.14 ID:
穂乃果
「いやー!今夜もパンがうまい!」

mesiya (10)

にこのサンドイッチは近所のパン屋さん
で焼いてる昔風のどっしりしたパンを
使うの。

これを薄く切ってバターと辛子を塗って、
具材はハムときゅうりのハムサンド。
ゆで玉子をマヨとあわせた
たまごサンドが定番ね。


ことり
「穂乃果ちゃん、おいしそう♪」

穂乃果
「ことりちゃんも食べる?」

ことり
「いいの?」

穂乃果
「うん!はい、どうぞ!」

ことり
「あーん///…うん!おいしい!」


イチャイチャ


にこ
「…」
75 : 2015/01/24(土) 22:52:24.81 ID:
――

――――

あの二人が散々いちゃついて
帰った後、カウンターを拭きながら
ついため息が出ちゃった。

にこ
「――はあ。」


「お疲れみたいね。」

あっ、やば。
まだ一人残ってた。


にこ
「あっ、ごめんね!」


「別にいいわよ。…
それよりさっきの子、
よく来るの?」

にこ
「…ことりのこと?」

にこ
「やめといた方がいいわよ、
あの子ああ見えて結構
手強いんだから―」


「ああ、違う違う。
後から来た子。」

にこ
「ああ、穂乃果ね。
そこの和菓子屋さんの見習いよ。
まあ、しょっちゅうじゃないけど、
たまにね。」




ツバサ
「……へえ、穂乃果さん
っていうんだ…」 
77 : 2015/01/25(日) 01:30:04.39 ID:
ええな
80 : 2015/01/26(月) 23:21:47.43 ID:
――

――――

にこ
「いらっしゃい穂乃果。
待ち合わせ?」

穂乃果
「うん!ことりちゃんと!
お父さんがもういいぞって
言ってくれたから早くついちゃった!」

にこ
「お疲れ様。明日は
休みでしょ。何か飲む?」

穂乃果
「うん!えっとね…」

ツバサ
「――はい。お疲れ様。」スッ

穂乃果
「え?」

ツバサ
「お仕事だったんでしょ?
一杯ごちそうするわ。」

穂乃果
「え、でも悪いですよ…」

ツバサ
「いいのよ。
一人じゃ味気なかったから、
付き合ってくれない?」

穂乃果
「じゃあ一杯だけ…」

ツバサ
「うん。ありがと。」
トットット

穂乃果
(きれいな人だなあ…)
81 : 2015/01/26(月) 23:27:52.89 ID:
穂乃果
「――そうなんですよ~。
もう朝が早くって大変で!」

ツバサ
「へえ、そんなにやること
があるのね。」

あっという間に仲良くなったわね。
まあ、穂乃果だしね。
こういうところは素直にうらやましいわ。


ツバサ
「大変な仕事なのね、尊敬するわ。」

穂乃果
「そんな、穂乃果なんてまだ見習いで…」

ツバサ
「ううん。穂乃果さんはとっても
素敵よ。…きれいな手ね。職人さんって
もっとゴツゴツしてるのかと思ってた。」

ナデナデ

穂乃果
「あ、いえ、その…///」




ことり
「…穂乃果ちゃん!」
82 : 2015/01/26(月) 23:37:44.42 ID:
穂乃果
「あっ、ことりちゃ」

ことり
「ごめんねぇ~!遅くなっちゃって!
『変な人』にナンパなんか
されてないか心配だったよぉ~!」

ズイッ

ツバサ
「ちょ、いたっ…」

ことり
「あっ、すいません♪
さ、穂乃果ちゃん。
今日はことりがたぁ~っくさん
お疲れ様してあげるね?」

穂乃果
「あ、ありがと
。…なんか怒ってる?」

ことり
「え?そんなことないよ?
さ、飲んで飲んで♪」

穂乃果
「あ、ツバサさんの
くれたのがまだあるから…」

ツバサ
「大丈夫よ穂乃果さん。
ゆっくりやってちょうだい。
…夜は長いんだから、ね?」ギュ

ことり
「…!」


…さすがの穂乃果もその日は
サンドイッチを頼まなかったわね。

なにせ自分がサンドイッチ
になってたんだから。

…まったく、他所でやって
ほしいわよ…ったく…
83 : 2015/01/26(月) 23:52:57.20 ID:
――
――――

穂乃果
「…はあ。」

にこ
「珍しいわね。
あんたがため息なんて。」


にこがなんだか元気のない
穂乃果を見かけたから、
連れてきたのは開店前の
にこのお店。

お茶でも飲んでいったら?
そう言いおいて仕込みをする
にこの隣で大きなため息が聞こえたの。


穂乃果
「…にこちゃん。穂乃果、
どうすればいいのかなあ…」

にこ
「どうすれば、って…そ
んなのわかるでしょ。」

茹でたじゃがいもの皮を
剥きながら、目も合わさずに答える。


穂乃果
「穂乃果、こういうの
よくわかんなくって…」

にこ
「もう、しっかりしなさいよね。
…やっぱり、はっきりさせるのが
いいんじゃないの?」

穂乃果
「はっきり?」
84 : 2015/01/27(火) 00:07:24.03 ID:
にこ
「ツバサ、最近じゃ穂むらにも
来てるそうじゃない。」

穂乃果
「うん、よく来てくれるよ!
お饅頭好きなんだって~。」

にこ
「…あんたのそういうとこが
ダメだって言ってるの。
…熱っ。」

穂乃果
「え?」

にこ
「あのねぇ…そうじゃないでしょ?
ツバサがあんたに求めてるもの…
わかるでしょ?」

穂乃果
「…」

にこ
「ことりだって、このままじゃ
かわいそうだわ。
…辛いかもしれないけどね、
ここでキチンとさせるべきよ。」

わざと穂乃果を見ないようにして
仕込みを続ける。
こういうのってどうも苦手なのよね…

穂乃果
「あ…うん。」

にこ
「何かを手に入れたら
何かを失うこともあるわ…
悲しいけどね。」

にこ
「頑張りなさいよ。応援してるから。」


穂乃果
「にこちゃん…!」ガタッ

にこ
「フン!…ってこら!
厨房に入ってくるんじゃないわよ!」

穂乃果
「にこちゃんありがとっ!」
ギュー

にこ
「おわっ!ちょっと!
離れなさいよ あほのか!」
85 : 2015/01/27(火) 00:18:32.25 ID:
それから、穂乃果も
とうとう覚悟を決めたみたい。

一人で店に来て
「今日は特別な
サンドイッチを作って!」って。

大方、自分の好物で二人の
将来をお祝いするつもりなんでしょ。
子どもっぽいわね…

そして、やってきたのは…






ことり
「お待たせぇ~♪」
86 : 2015/01/27(火) 00:32:32.02 ID:
引き戸を開けたのは――ことり。

ま、そうなるわよね。
幼なじみって定番だもんね。


ことり
「穂乃果ちゃん、
今日は大事なお話があるって…」

穂乃果
「うん。まあ、座って?」

ことり
「あ、うん…グスッ」

穂乃果
「え、どうしたのことりちゃん?」

ことり
「ううん、ことりね…嬉しいの・・
穂乃果ちゃんがことりのことを
考えてくれて…」

穂乃果
「ことりちゃん…穂乃果は
いつだってことりちゃんのことを
考えてるよ。」

ことり
「うん…うん…幸せにしてね…?」

穂乃果
「うん!任せてよ!」

ことり
「ホノカチャン!」


あー
…そういうお店じゃないんだけどなあ…ま
あ、まだしばらくはお客さんも
こないからいいかな…





ガラッ

ツバサ
「穂乃果さん。お待たせ!」
87 : 2015/01/27(火) 00:50:56.77 ID:
にこ
「えっ」

ことり
「えっ」

ツバサ
「えっ」



―――お店の中の時が
止まったわ。



穂乃果
「あっ、ツバサさん!」

ツバサ
「――あの、穂乃果、さん?
今日は、大事な話があるって…」

穂乃果
「うん!そうだよ!
さっ、こっちに座って!」

ツバサ
「え、ええ…?」
88 : 2015/01/27(火) 00:58:55.04 ID:
ことり
「えっと…あの…
どういう、ことかな…?」

穂乃果
「うんうん!何も言わなくていいよ!
穂乃果はちゃーんとわかってるからね!」

ツバサ
「わかってるって…こんなの…」

そう得意満面の顔で頷くと
穂乃果はことりの手をとって

ことり
「あ…穂乃果ちゃん…」

ツバサの手をとって…ってええ!?

ツバサ
「あ…」


二人の手を重ね合わせたの。


穂乃果
「はい!…も~、二人とも
素直になりなよ!」
89 : 2015/01/27(火) 01:06:12.60 ID:
ああ…そっか、
こういう子だったわね…

穂乃果
「二人ともダメだよー。
恥ずかしいのはわかるけど、
穂乃果をダシにしないでさ、
はっきり言わないと!」

穂乃果
「何かを手に入れたら
何かを失うこともある…穂乃果との
時間は減っちゃうけどこれからは
ツバサさんと仲良くね。
ことりちゃん。」キリッ

ことり
「え…えええ…」

穂乃果
「ツバサさん。本当はことりちゃんと
話したかったんだよね。
ごめんね、穂乃果にぶちんだから…」

ツバサ
「あ、あの…」

穂乃果
「へいマスター!アレを!」スカッ

指パッチンしようとしてはずしてる…
ってかマスターじゃないんだけど…
もう突っ込む気力も起きないわね…




ことり
「…」

ツバサ
「…」


…今日はお客さん、
来てもすぐ帰っちゃいそうね…
90 : 2015/01/27(火) 01:10:19.28 ID:
――

――――

――――――
それから、どうしたかって?


ことり
「はい穂乃果ちゃん、あ~ん♪」

穂乃果
「あ、あ~ん…」

ツバサ
「はい、次はこっちよ。あ~ん。」

穂乃果
「むぐ…まだふちに
ふぉこっへ…むごっ」

ツバサ
「早くして、ね?」


mesiya (9)


サンドイッチになってるわよ。

91 : 2015/01/27(火) 01:11:05.38 ID:
第3夜 
「サンドイッチ」終わり


次回 
「玉子焼き」 
次で最後です。 
97 : 2015/01/27(火) 21:54:35.56 ID:

「――こんばんは。
一曲演らせてもらえないかしら?」

その子がにこのお店に来たのは
あと数日で今年も終わるっていう
晩のことだったわ。

にこ
「はあ?…悪いけど、そういうのは
間に合ってるの。
…だってぇ~ここには
宇宙一のスーパーアイドル
がいるんだも~ん!」


「…宇宙一?
プッ…ふふ、なにそれ、
イミワカンナイ。」

とびっきりのにこにースマイル
を前にしてそんな失礼なことを
のたまったわ。

気の強そうな目元と赤髪が
ちょっとだけ可愛いけど…
なんて失礼な奴!

にこ
「ちょっと、今なんつったの?…
何度も言うけどね、うちはそういうの
間に合ってるの。出てって。」


「間に合ってるって…さっきから
お店に流れてるこれのこと?」

これ?…まさか天下の名曲
「にこにーにこちゃん」
のことを言ってるの?

にこ
「そうよ、にこの作った
にこのための名曲
『にこにーにこちゃん』素晴らしいでしょ?」
98 : 2015/01/27(火) 21:55:24.63 ID:

「え?…」

その子が軽く目を見開いた。

それから、ゆっくりと目を閉じて、
指先や足でリズムをとりはじめる。


にこ
「…ちょ、ちょっと、何やってんのよ…」


「ん…こんなもんかしらね。
完成には程遠いけど。」

そういってカバンの中から
アコーディオンを取り出したわ。



「いつもはグランドピアノ
なんだけどね。…そこのピアノ・バー、
つぶれちゃったから。」

にこ
「ちょっと!やめてったら!」



「これだって中古のガラクタなの。
…まあいいわ。それじゃ、始めるわね。」

その子は呆気にとられるにこを
無視して演奏を始めたわ。



「~~~♪」
99 : 2015/01/27(火) 21:56:51.65 ID:
――――正直驚いたわ。




しがない流しだと思ってたけど…


それは『にこにーにこちゃん』
のアレンジだった。


悔しいけど、にこの歌じゃないみたい。
ううん…何倍も…何十倍も素敵。




それに…


パチパチパチパチ!

店内のお客さんから
盛大に拍手が送られる。
100 : 2015/01/27(火) 21:57:24.13 ID:

「どう?悪くないでしょ?」

にこ
「え、ええ…そうね…まあまあ、ね。」


「じゃあ何かご馳走してくれない?
お腹ペコペコなの。
今日のお代はそれで勘弁してあげる。」

にこ
「はあ!?…まあ、いいわ。
そこに座って。」


「ありがと。何にしようかな…
とりあえず冷やしトマトと
ビールちょうだい。」

にこ
「…図々しいわね。」
101 : 2015/01/27(火) 21:58:47.58 ID:

「――zzz」

にこ
「呆れた。
お酒、弱いんじゃないの。」



その子はカウンターの隅で
いつの間にか船を漕いでいたわ。

にこ
「まったく…ちょっと、起きて。
もう店じまいなの。」


「…ヴェ?…あ、ご、ゴメンナサイ」


にこ
「はいこれ、食べたら
かえんなさい。」

そういって出したのは
黄色くてふわふわの特製玉子焼き。


「え…?いいの?」

にこ
「さっきお腹へってるって
いってたじゃないの。
それなのに何も食べず
に寝ちゃって…」


「あ、うん…そ、その…ありがと…」


にこ
「これ、好きでしょ?
…いっつもにこのお弁当、
羨ましそうに見てたもんねぇ~?」


「えっ?」



にこ
「…でしょ?  
真姫ちゃん。」
102 : 2015/01/27(火) 21:59:12.39 ID:
第4夜 
「玉子焼き」
103 : 2015/01/27(火) 22:00:36.73 ID:
真姫
「にこちゃん…気づいて…」

にこ
「ちょっと似てるな、って思ったけどね。
真姫ちゃんこそ、なんで
すぐに言ってくれなかったの?」

真姫
「そ、それは…」

ま、大方今の自分を見られる
のが恥ずかしかった、ってとこでしょ。

…苦労、してるみたいだしね。



真姫
「――やっぱり、音楽を諦められなくて、
パパと大げんかして出てきた
ところまではよかったんだけどね…」

にこ
「で、今は流しの仕事で
食いつないでるってわけ?」

真姫
「それは最近のことよ!
…ちょっと前までは会員制の
高級クラブで弾いてたんだから…」

にこ
「はいはい。ま、とりあえず食べたら?
…それから、ゆっくり聞くから。」


真姫
「…うん。いただきます。」

真姫ちゃんが嬉しそうに
ふわふわの玉子焼きを
切って口に運ぶ。

本当、この子はすぐに
顔に出るわね。

変わらないわ。
104 : 2015/01/27(火) 22:01:09.26 ID:
にこ
「どう?おいしい?」

真姫
「…」

あれ?
真姫ちゃん微妙な顔してる?


にこ
「真姫ちゃん?」

真姫
「――あ、うん。おいしい。
さすがにこちゃんね。」


にこ
「あら?随分素直じゃない。」

真姫
「べ、別に!
思ったことをそのまま言っただけ!
にこちゃんって昔っからそうよね!」

にこ
「え~?
にこにーわかんなぁ~い!」
105 : 2015/01/27(火) 22:01:34.35 ID:
それから、真姫ちゃんは
毎晩お店にやってきた。


「~~~♪」

真姫ちゃんは本当に嬉しそうに歌って。
お客さんもすっごく喜んでた。





にこ
「…グスッ」


時々、お店を閉めてから真姫ちゃんは
『あの頃』
のすっごくすっごく
懐かしい歌を歌ってくれた。


そういう時はにこも真姫ちゃんも
最後には決まって泣いちゃって、
歌にならなかった。
106 : 2015/01/27(火) 22:03:05.91 ID:
――その日も真姫ちゃんはやってきた。

みんなで歌って、みんなで食べて、
にこのお店が前よりずっと
ずっと明るくなったみたい。

最近じゃ真姫ちゃんの歌を目当てにくる
お客さんまでいる。
…ま、アイドルには引き立て役が
必要よね。




「――すいません。こちらに真姫さん
とおっしゃる方がいるって…」

突然、品の良さそうな
女の人が入ってきたの。

おばあちゃん…とまではいかないけど、
もう結構なお年みたい。
あまりうちのお店に来るタイプ
ではないわね。


にこ
「ああ、ごめんなさい。
悪いけどもう閉店――」

そう言いかけた時。



真姫
「和木、さん―。」


「お嬢様!」

真姫ちゃんが声を上げた。
107 : 2015/01/27(火) 22:03:42.70 ID:
真姫
「何しに来たの?…悪いけど、
家には帰らないわよ。」


「お嬢様…」

真姫
「どうせ、パパに言われて来たんでしょ?
…自分で来ればいいのよ。
いっつもそう、そうやって人を見下して…」


「…無理、なんです。」

真姫
「は?」


「…先日、お仕事中に脳梗塞で
お倒れになって…それからずっと…」

真姫
「え…」


「ずっと意識が戻らないままで…
お願いですお嬢様!どうかお戻りに…」


真姫
「…」



「お嬢様!」
108 : 2015/01/27(火) 22:04:07.79 ID:
真姫
「…い、いやよ。」

にこ
「ちょっと!何いってんの!?」

真姫
「わ、私が出て行く時…
あの人が私に何を言ったか…
知ってるでしょ?」


「それは…もののはずみで…」


真姫
「い、いやったらいやよ!
絶対…絶対…」




そうつぶやきながら真姫ちゃんは
自分の腕を抱いて震えていた。
109 : 2015/01/27(火) 22:04:45.11 ID:
にこ
「――アンタねえ、
いい加減にしなさいよ。」

真姫
「にこちゃんには関係ないでしょ!」

あーあ、もう何度目かしらね。
このやりとり。
もうすぐ日付も変わるっていうのに…


にこ
「どうすればいいか、
なんてわかってるでしょ?」

真姫
「…」

…ったく。



にこ
「――ねえ、おなかへったでしょ。
これ食べなさいよ。」

もう日付も変わった頃、
にこは玉子焼きを作ったの。

mesiya (8)

真姫
「いらない、食べたくない。」

にこ
「いいから。せっかく作ったんだから
一口ぐらい食べなさいよね。」

真姫
「…」

渋々、真姫ちゃんが
玉子焼きに箸を伸ばす。
110 : 2015/01/27(火) 22:05:18.17 ID:
真姫
「…」

真姫
「え?…これ…この味…」

にこ
「一緒でしょ?…あの頃と。」

真姫
「にこちゃん気づいてたの?」

にこ
「こころ達も大きくなったからね。
もう甘いのは作らなくなっちゃったの。
…ほら、うちはお酒を飲む人も
多いから、ね?」

真姫
「…」


にこ
「意地っ張りでお子様の真姫ちゃん
にはぴったりでしょ?
あっまぁ~いお砂糖たっぷりの
玉子焼き。」

真姫
「なによそれ…イミワカンナイ…」

にこ
「ねえ、真姫ちゃん…ずっと
お子様ではいられないわよ?
…変わっていくの。何もかも。」

真姫
「…」



にこ
「でもね、にこはここにいるから…
このお店でずっと待ってるから…
変わらないで、ずっと待ってるから…」

にこ
「いってきなさい、真姫ちゃん。」
111 : 2015/01/27(火) 22:05:43.09 ID:
真姫
「にこちゃん…」

真姫
「…私ね…にこちゃんの
お弁当がうらやましかった。」

真姫
「素朴で、可愛らしくて…
『お母さんのお弁当』
ってこんななのかな、って…
ずっと思ってた。」

にこ
「…」

真姫
「勿論にこちゃんが作ってるって
知ってたけど…私にとっては
温かい家庭の象徴だったの。」

真姫
「私には、そんなの、
なかったから…
だから…だから…」

にこ
「…そう。」




その後、真姫ちゃんは
もう玉子焼きには箸をつけなかった。
112 : 2015/01/27(火) 22:06:11.58 ID:
次の日から真姫ちゃん
は来なくなったわ。

お店はまた、静かになった。
113 : 2015/01/27(火) 22:07:16.87 ID:
――

――――

――――――――

真姫
「――うん、なんとか一命はとりとめたわ。
ありがと。にこちゃんのおかげよ。」

真姫ちゃんがもう一度やって来たのは
もう大分暖かくなった頃のことだった。

にこ
「そう、よかったわね。」


あの後、真姫ちゃんはずっと
お父さんのそばにいたみたい。

お母さんもお手伝いさんも
喜んだのは言うまでもないわね。

真姫
「でもね…後遺症が残っちゃって、
私が誰かもわからないの。」

にこ
「…そう。」


真姫
「…罰があたったのかしらね。
パパじゃないわよ。私に。」

にこ
「そんなことあるわけないでしょ!」
114 : 2015/01/27(火) 22:07:52.63 ID:
真姫
「っ!」

にこ
「ご、ごめん…」

真姫
「…ううん。ありがと。」

にこ
「そ、それで?
ピアノはどうするの?」

真姫
「うん。経営の勉強しながらだから
前みたいには弾けないけど…
週2で病院のラウンジで
弾かせてもらってるわ。」

にこ
「へえ、よかったじゃない。」

真姫
「うん。それで…それで、ね…?」
115 : 2015/01/27(火) 22:08:52.56 ID:
『――お嬢さん。ピアノが上手だねえ』

『――コンクールをひらいたら
きっと一番だねえ。』

『――僕は君のピアノが好きだなあ。』



真姫
「――パパがね、わた、
私のっことなんか誰だか
わからないのに、ね?」


真姫
「真姫ちゃんの、ね?ピアノはっ、ね?
…上手だって…一番だ、って…」


真姫
「パパっ、パパ、パパがね?
私の、ピアノが、好きだって…
好き、だって…」





真姫ちゃんの目から
ぽろぽろと涙が落ちていく。

にこは何も言わないで
真姫ちゃんのことをそっと抱きしめた。
116 : 2015/01/27(火) 22:09:44.00 ID:
真姫
「うわああああああああっ!!」

頑張ったわね真姫ちゃん。
辛かったわね真姫ちゃん。



真姫ちゃんの肩についた
桜の花びらがもう
春だと告げていた。



もう少し落ち着いたら、みんなで
お花見でも行きましょう。
あの頃みたいに。



玉子焼きをつめたお弁当を持って。

mesiya (7)


第4夜
「玉子焼き」終わり
117 : 2015/01/27(火) 22:10:52.07 ID:
1日が終わって、みんなが
おうちへと急ぐ頃、
にこの1日は始まるの。

メニューはこれだけ。
・にこにー定食   252円
・にっこにっこにー 600円
・にっこにー    500円
・ラブにこ☆    450円

☆にこにーは一人3回までニコ♪


あとは勝手に注文してくれれば、
できるものなら作ってあげるってのが
にこの営業方針なの。

営業時間は夕方5時から
夜10時頃まで。みんな
「深夜にこにー」なんて言ってるわね。

深夜じゃないじゃないかって?
夜更かししてたらお肌が荒れちゃうじゃない!

だ・か・ら・アイドルにとっては
十分深夜なの。それにお客さんだって
結構来るのよ。




「――いらっしゃい。何にする?」

mesiya (6)



『深夜にこにー』 おしまい
118 : 2015/01/27(火) 22:12:12.94 ID:
こんなおっさんのおっさんくさい
SSを見てくれた人ありがとう。
速報でやればよかったとちょっと後悔。
深夜食堂は今度映画も
やるみたいですね。
ttp://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1421843042/




ちょっと涙腺にきてるのに
おなかがすいてしまった…


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ記事♪

▼最新の景品がザックザク♪面白すぎてヤミツキ間違いなし☆彡▼
▲近くにゲームセンターが無くてもノープロブレム♪▲
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
90点(20)
Loading...Loading...

カテゴリ「SS」の最新記事

カテゴリ「矢澤にこ」の最新記事

この記事のコメント(12 件)

  1. 匿名 より:

    ふたつの世界観が上手いこと混ざってて面白いw つい最後まで読んでしまいました。

  2. 名無し主義のラブライバー より:

    パイセンの手料理美味しそう

  3. 名無し主義のラブライバー より:

    映画化はよ

  4. 名無し主義のラブライバー より:

    久しぶりにいいss見た気がするあざす

  5. 名無し主義のラブライバー より:

    泣けた

  6. 名無し主義のラブライバー より:

    ほっこりした

  7. 名無し主義のラブライバー より:

    良かった…そして腹へった…

  8. 名無し主義のラブライバー より:

    ラブライブと深夜食堂のミックスですか・・・凄いですね 話の流れと設定のマッチングが見事でした

  9. 名無し主義のラブライバー より:

    元ネタわかんないけど引き込まれたわ

  10. 名無し主義のラブライバー より:

    アニメより良いにこにーだった

  11. 名無し主義のラブライバー より:

    元ネタ知らなかったけど、泣いた

  12. 名無し主義のラブライバー より:

    自分もオッサンだからか、つい引き込まれてしまいました 最後の真姫ちゃんの下りが良かったです いいもの読ませていただきました ありがとうございました

コメントする

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加